Gale社、図書館向けに新しい電子書籍の購入モデルを提示

2013年10月30日、Gale社が図書館向けの新しい電子書籍サービス“Gale Virtual Reference Library (GVRL)”に新しい購入モデル“Usage-Driven Acquisition (UDA)”を導入すると公表しました。

この購入モデルでは、図書館は、実際の利用実績がある電子書籍を購入できるとのことです。

具体的には、図書館側は、事前にデポジット(保証金)を支払えば、6ヶ月間はGVRLの約2,000タイトルすべてを利用することができ、6ヶ月の期間終了後には、最も利用されたタイトルが当該図書館のGVRLコレクションになるという仕組みとのことです。コレクションとなったタイトルの代金はデポジットから支払われます。事前にデポジットする金額が高額になれば、6ヶ月後にコレクションとして購入できる金額が割り増しされるということです。

このモデルは、“Patron-Driven Acquisition(PDA)”モデルの問題点を改善するために開発されたものであるとのことです。

Gale Launches Innovative Purchase Model for e-books
http://news.cengage.com/school/gale-launches-innovative-purchase-model-for-e-books/

Introducing our new Usage-Driven Acquisition model
http://assets.cengage.com/pdf/fb-gvrl-pdmodel-onesheet.pdf

Gale announces new Usage-Driven Acquisition model for GVRL
http://www.libraries.wright.edu/noshelfrequired/2013/10/30/gale-announces-new-usage-driven-acquisition-model-for-gvrl/

Gale Introducing Usage-Driven Acquisition Purchase Model for Virtual Reference Library Titles(infoDOCKET 2013/10/30付けの記事)
http://www.infodocket.com/2013/10/30/gale-introducing-usage-driven-acquisition-purchase-model-for-virtual-referene-library-titles/

参考:
CA1777 - 動向レビュー:利用者要求にもとづくコレクション構築:大学図書館における電子書籍を対象としたPDAを中心に / 小山憲司 カレントアウェアネス No.313 2012年9月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1777

E1310 - 大学図書館に広がる電子書籍のPatron-Driven Acquisitions カレントアウェアネス-E No.218 2012.07.12
http://current.ndl.go.jp/e1310

※参考を追記しました。