カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

オーストラリアの学校図書館に関する調査報告書が公開

オーストラリアのSoftlink社による、オーストラリアの学校図書館に関する調査報告書が公開されています。

この報告書では、オーストラリアの学校図書館の予算、職員のレベルと成績、リテラシーの関係が分析されており、調査の結果、学校図書館の予算とNAPLAN(※)の調査結果には正の相関関係があると指摘されているようです。

オーストラリアの800余りの学校がオンラインでの42項目にわたる調査に協力したとのことです。

主な調査結果は以下の通りです。

・81%の学校図書館の予算は現状維持または減少した。
・カトリックや私立学校の図書館に比べて、より多くの公立学校図書館の予算が減少した。
・2013年の学校図書館職員の数について、28%は減少し、63%は変化なしであると報告された。
・昨年電子書籍を購入した学校は28%、今後12カ月で電子書籍を購入もしくは購入する可能性が高いと回答した学校は55%である。
・学校図書館司書の44%は児童の半分以上が個人のモバイル機器(iPod、iPad、スマートフォンやタブレットなど)を所持していると回答した。

※NAPLANとは、オーストラリア全土の児童(3年生、5年生、7年生、9年生)を対象として、読むこと、書くこと、文法、基本的計算力の4つの分野についてのスキルを調査するテストとのことです。毎年5月の第2週に行われるとのことです。

※2013年12月16日、対象についての誤記を修正しました。

2013 Australian School Library Survey
http://www.softlinkint.com/2013-australian-school-library-survey-schools/

The National Assessment Program – Literacy and Numeracy(NAPLAN)
http://www.nap.edu.au/naplan/naplan.html