カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

Science-Metrix社、2011年に刊行された論文の半分は既にオンラインで無料で利用できるとの調査結果を公表

Science-Metrix社が、オープンアクセスの現状に関する調査レポートを以下の3点公開しています。いずれも欧州委員会の研究・イノベーション総局(European Commission Directorate-General for Research & Innovation)に提示するために作成されたものとのことです。
・Proportion of Open Access Peer-Reviewed Papers at the European and World Levels—2004-2011
・Open Access Strategies in the European Research Area
・Open Data Access Policies and Strategies in the European Research Area and Beyond
このうち1点目の調査レポートは、2004年から2011年の間に22分野で刊行された学術論文の利用可能性について調査したとのことです。

Science-Metrix社のニュースによると、これらのレポートにより、科学文献におけるオープンアクセスの進展は以前に考えられていたよりも早く、2011年に刊行されたものについては、50%の論文がオンラインで無料で利用できるようになっている、とのことです。

なお、この調査については、nature.comでも2013年8月20日付けで取り上げられています。

Half of 2011 papers now free to read - Boost for advocates of open-access research articles.(Nature, 2013/8/20付け)
http://www.nature.com/news/half-of-2011-papers-now-free-to-read-1.13577

Open access reaches a turning point: Science-Metrix presents a study on open access to the European Commission’s Directorate-General for Research and Innovation(Science-Metrix, 2013/8付け)
http://www.science-metrix.com/eng/news_13_08.htm

Science-Metrix社について
http://www.science-metrix.com/eng/who_we_are.htm

■各レポートへのリンク
Proportion of Open Access Peer-Reviewed Papers at the European and World Levels—2004-2011 (PDF,31p)
http://www.science-metrix.com/pdf/SM_EC_OA_Availability_2004-2011.pdf

Open Access Strategies in the European Research Area(PDF, 54p)
http://www.science-metrix.com/pdf/SM_EC_OA_Policies.pdf

Open Data Access Policies and Strategies in the European Research Area and Beyond (PDF,21p)
http://www.science-metrix.com/pdf/SM_EC_OA_Data.pdf