博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)解散後の文書館支援は英国国立公文書館(TNA)の担当に

2011年4月20日に英国のバイジィ(Ed Vaizey)文化相は、博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)解散後の2012年4月から、MLAが担当していた同国の2,000を超す文書館への支援の任務を、英国国立公文書館(TNA)が引き継ぐことになったと発表したようです。文化・メディア・スポーツ省のプレスリリースによると、バイジィ文化相は、「これまでMLAとTNAが文書館部門を支援してきたことに感謝を申し上げたい。また、TNAが今後この重要な管理者としての任務を果たしてくれるであろうことを確信している」と述べているようです。

The National Archives to be advocate for the archive sector (The National Archive 2011/4/20付けのニュース)
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/565.htm

The National Archives will take on the leadership role for the archives sector(Department for Culture, Media ad Sport 2011/4/20付けのプレスリリース)
http://www.culture.gov.uk/news/media_releases/8063.aspx

参考:
E1128 - 英国の博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)が解散へ
http://current.ndl.go.jp/e1128