E776 - NDL-OPACの詳細表示画面に固定URLを付与

カレントアウェアネス-E

No.126 2008.04.16

 

 E776

NDL-OPACの詳細表示画面に固定URLを付与

 

 国立国会図書館(NDL)は蔵書検索・申込システムであるNDL-OPACの改修を行い,NDL-OPACの書誌詳細表示画面及び雑誌記事索引詳細画面(以下「詳細表示画面」)への固定URLの付与と同画面上へのブックマークボタン設置を2008年4月16日から開始した。

 従来のNDL-OPACでは,詳細表示画面のURLは検索の都度変わっていたため, 同じ画面を再び参照するには,検索し直すしかなかった。今回の改修で,詳細表示画面に書誌IDまたは記事登録IDを識別子とする固定URLが新規に割り当てられた。

 この固定URLを利用してNDL-OPACの詳細表示画面に直接アクセスしたり,引用やリンクが行えるようになったほか,ブックマークボタンを利用して簡単にブックマークできるようになった。

 またこれに合わせて,登録利用者のためのログイン機能も改修し,全ての画面からのログインが可能になった

Ref:
E758