E124 - 書誌標準に関するIFLA-CDNL同盟が発足

カレントアウェアネス-E

No.23 2003.10.01

 

 E124

書誌標準に関するIFLA-CDNL同盟が発足

 

 国際図書館連盟(IFLA),国立図書館長会議(CDNL)と米・英・独・豪・オランダ・ポルトガルの国立図書館は8月,書誌コントロールの国際的な推進を目的とする組織「書誌標準に関するIFLA-CDNL同盟(IFLA-CDNL Alliance forBibliographic Standards: ICABS)」の設立を発表した(E114参照)。同組織はIFLAのコアプログラムで既に活動を終了したUBCIMとUDTが担当していた活動(E043参照)を引き継ぐもので,ドイツ図書館が事務局をつとめている。

 ICABSの目標として以下の3つが定められている。

  1. 書誌コントロールに関する標準等の維持管理。ISBDやFRBR,UNIMARC,MARC21,Z39.50等を対象とし,その発展に努める。
  2. 書誌コントロールのための戦略の策定と国際的な協定の奨励。ヴァーチャル国際典拠ファイルやメタデータの開発・普及,永続識別子の動向把握などを行う。
  3. 電子情報資源の長期アーカイビングの問題に対する理解の向上。マイグレーションやエミュレーション,ウェブ・アーカイビング等の方法の普及促進を目指す。

Ref:
http://www.ifla.org/VI/7/icabs.htm
E043
E114