CA1251 - 児童・生徒のための情報リテラシー基準 / 図書館研究所

カレントアウェアネス
No.236 1999.04.20


CA1251

児童・生徒のための情報リテラシー基準

アメリカ学校図書館員協会(AASL)は,1998年夏のアメリカ図書館協会(ALA)の大会において,”The Information Literacy Standards for Student Learning(児童 ・生徒のための情報リテラシー基準)”を発表した。これはAASLと教育コミュニケーション工学協会(Association for Educational Communications and Technology)が共同で策定した,米国で初めての情報リテラシーに関する基準であり,メディアスペシャリストや教育者が生徒の情報リテラシー能力を育てる際のガイドとなるものである。ここでいう情報リテラシーとは,単に文字の読み書きにとどまらず,あらゆるメディアに対するものである。

基準は,9つの達成水準を段階的に示しており,それぞれの水準にはさらに具体的な指標が示されている。概要は以下の通りである。

情報リテラシー能力を持つこと

1) 情報に効率的にアクセスできる2) 情報に対する判断能力を持つ3) 情報を効果的かつ創造的に利用できる

自主的に学習できること

4) 興味ある分野の情報を探索・利用できる5) 創造的表現に対する鑑賞力がある6) 情報探索法や知識の獲得法に習熟するよう努力する

社会的に責任を持つこと

7) 民主的な社会における情報の重要性を認識する8) 情報や情報技術に関して倫理的な行動をとることができる9) 情報を収集し生産する集団活動に参加できる

Ref: Information Literacy Standards for Student Learning. [http://www.teleport.com/oema/infostd.html] (last access 1999.4.8)