米国の図書館ネットワークLYRASIS、オープンソースソフトウェア(OSS)に関するガイドブックを公開

2018年2月28日、米国の図書館ネットワークLYRASISが、ガイドブック“It Takes a Village: Open Source Software Sustainability”を公開しました。

米・博物館・図書館サービス機構(IMLS)の支援を受け、文化遺産・科学遺産機関による長期的な持続可能性計画に役立つオープンソースソフトウェア(OSS)を支援するための実践的な参考資料として作成されたものです。

Press Release: LYRASIS Announces Release of New Guidebook for Open Source Sustainability as Part of “It Takes a Village” Project(LYRASIS,2018/2/27)
http://lyrasisnow.org/press-release-itav-guidebook/

IMLS Grant “It Takes A Village” Open Source Software Models of Collaboration & Sustainability(LYRASIS)
https://www.lyrasis.org/technology/Pages/IMLS-OSS.aspx

It Takes a Village: Open Source Software Sustainability [PDF:100ページ](LYRASIS)
https://www.lyrasis.org/technology/Documents/ITAV_Guidebook_Interactive.pdf

参考:
LYRASIS、オープンソースの博物館等向けツール“CollectionSpace”に関し、85万ドルの助成を獲得
Posted 2016年7月27日
http://current.ndl.go.jp/node/32166

LYRASISのFOSS4LIBで、オープンソース統合図書館システムの機能比較ツールを運営
Posted 2014年5月14日
http://current.ndl.go.jp/node/26131

北米研究図書館協会(ARL)が報告書シリーズ“SPEC Kit”第340号を刊行 - 「オープンソースソフトウェア」がテーマ
Posted 2014年8月7日
http://current.ndl.go.jp/node/26751

図書館におけるオープンソースソフトウェアに関する文献レビュー(文献紹介)
Posted 2014年2月18日
http://current.ndl.go.jp/node/25503