2012年、大学・研究図書館の10のトレンド(記事紹介)

このほど公開された、米国の大学・研究図書館協会(ACRL)発行の“C&RL News”2012年6月号に、“2012 top ten trends in academic libraries: A review of the trends and issues affecting academic libraries in higher education”と題する記事が掲載されています。

これは、ACRLの研究計画検討委員会(Research Planning and Review Committee)が作成したレポートで、現在及び近い将来研究図書館に影響を与える10のトレンドを検証したものとのことです。取り上げられているのは、“Communicating value”、“Data curation”、“Digital preservation”、“Higher education”、“Information technology”、“Mobile environments”、“Patron driven e-book acquisition”、“Scholarly communication”、“Staffing”、“User behaviors and expectations”で、各トレンドには短い論点と参考文献がまとめられています。

Table of Contents (C&RL Newsの2012年6月号目次)
http://crln.acrl.org/content/73/6.toc

C&RL News -- June 2012 (Association of College and Research Libraries 2012/6/4付けの記事)
http://www.acrl.ala.org/acrlinsider/archives/5493