スペイン

世界17か国のインターネットユーザーの読書状況調査

2017年3月23日、ドイツの市場調査会社GfKが、インターネットユーザーに対して行った読書調査の結果を発表していました。

17か国(英国・ドイツ・フランス・イタリア・スペイン・ベルギー・オランダ・ロシア・カナダ・米国・メキシコ・ブラジル・アルゼンチン・中国・日本・韓国・オーストラリア)を対象に実施されたもので、調査結果の概要によると、インターネットユーザーの多数(59%)が、毎日もしくは少なくとも週1回は読書をしているという結果が得られたとのことです。

国別では、中国70%、ロシア59%、スペイン57%の順で読書をすると回答した割合が多く、また、低所得世帯(24%)より高所得世帯(35%)が、男性(27%)より女性(32%)が読書をする傾向が高いという結果が紹介されています。

また、読書をしないと回答したインターネットユーザーの割合が最も高かった国はオランダと韓国(16%)で、ベルギー(14%)、カナダ・フランス・日本(11%)と続きます。

報告書の閲覧には、名前とメールアドレスの入力が必要です。

【イベント】白百合女子大学司書・司書教諭講演会「スペインの児童文学と児童に対する図書館サービス」(1/23・調布)

2017年1月23日、東京都調布市の白百合女子大学において、白百合女子大学司書・司書教諭講演会「スペインの児童文学と児童に対する図書館サービス」が開催されます。

この講演会ではスペインのカタロニア州バルセロナ在住の児童文学・絵本作家、編集者で、大学非常勤講師として子どものための図書館サービス科目等も担当するJoan Portell Rifà氏を講師に招くとのことです。講演はカタロニア語で行われますが、日本語への逐次通訳が行われます。

なお、学外者については2017年1月18日までに参加申込みの必要があるとのことです。

白百合女子大学司書・司書教諭講演会「スペインの児童文学と児童に対する図書館サービス」
http://www.kokuchpro.com/event/siraportell/

スペインのオープンアクセス(OA)ジャーナル(記事紹介)

DOAJ Blogに2016年12月8日付けで、スペインのオープンアクセス(OA)ジャーナルに関する解説記事が掲載されています。

記事では、

・Ulrichのデータによると、スペインは世界のジャーナルの全タイトルの2.5%を発行しており、国別では10番目に多い。
・OAジャーナルに限れば、UlrichとDOAJのデータによると、全タイトルの5.5%を発行しており、国別では4番目に多い。
・Ulrichのデータによると、現在スペインで発行されているジャーナルの34%がOAである。
・Web of ScienceあるいはScopusに収録されているスペインのジャーナルの56.9%はOAである。分野別では、人文・社会科学は68%、STM分野は55%、出版者別では、大学・研究機関は81%、学協会は71%、商業出版社は30%、のジャーナルがOAである。APCを財源としているOAジャーナルはきわめて少ない。
・スペインのOAは学術機関のオンライン出版社によって推進されている。

Google特許検索に、日本を含め世界11か国の特許関連資料が追加

2016年8月30日、Googleは、Google特許検索に、世界11か国からの4,100万を超える特許に関する資料を追加したと発表しています。

今回検索対象となったのは、日本、韓国、英国、スペイン、フランス、ベルギー、ロシア、オランダ、フィンランド、デンマーク、ルクセンブルクの特許及び特許出願書類です。

今回の追加により、世界の17の特許当局からの8,700万を超える特許関連資料を利用できるようになりました。

11 New Countries Available in Google Patents (Gogle Public Policy Blog,2016/8/30)
https://publicpolicy.googleblog.com/2016/08/11-new-countries-available-in-google.html

Google 特許検索
https://patents.google.com/

参考:
Google、米国の特許検索“Google Patents Search”を開始
Posted 2006年12月15日
http://current.ndl.go.jp/node/5075

Google特許検索に中国、ドイツ、カナダ、世界知的所有権機関(WIPO)の特許関連資料が追加

人文学・社会科学分野の雑誌の評価を確認できるサイト”Journal Scholar Metrics”公開

スペイン・グラナダ大学の研究チームが、人文学・社会科学分野の雑誌について、掲載論文の被引用数に基づく評価を確認できるサイト”Journal Scholar Metrics”を公開しています。

Journal Scholar MetricsはGoogle Scholarが提供している、論文の被引用数に基づく学術雑誌のインパクト指標を提供するサービス”Google Scholar Metrics(GSM)”のデータに基づくものです。GSMでは言語別や分野別に雑誌のランキングを閲覧することはできますが、閲覧できるのは上位の雑誌のみで、下位の雑誌を閲覧したり、そもそもどのような雑誌が収録されているのかの全容を把握することは困難でした。Journal Scholar Metricsでは人文学と社会科学分野に対象は限られていますが、GSMに収録されている可能性のある雑誌を検索し、データを取得・集計し直した上で、出版国別や詳細な分野別に、GSMよりも広範囲に雑誌の評価データを閲覧することができるようになっています。

Journal Scholar Metrics
http://www.journal-scholar-metrics.infoec3.es/

参考:
Google Scholar、学術雑誌のインパクト指標を2015年版に更新

NTTデータ、スペインの貴重資料等を所管するPatrimonio Nacionalにおけるデジタルアーカイブ構築に関し、契約を締結

2016年1月27日、株式会社NTTデータとNTTデータのスペイン子会社であるeverisグループが、スペイン王室資産等の管理団体であるPatrimonio Nacionalと契約を締結し、デジタルアーカイブ事業に参画することを発表しました。事業期間は2016年1月から2018年1月まで、とのことです。

Patrimonio Nacionalは、スペイン王宮、修道院等の歴史的建造物や、歴史的・美術的価値の高い数多くの貴重なコレクション等を管理するスペインの国家機関です。この事業は、Patrimonio Nacionalが管轄するスペイン王室図書館をはじめとする複数の機関が個別に保有する500万以上の書誌や関連コンテンツ(アートワーク、地図、楽譜、写真、手書き原稿、ファイル等)の電子化データを、一元的に管理するデジタルアーカイブ(プラットフォーム)を構築するものとのことです。

なお、当面はPatrimonio Nacional内部での管理を目的とするものの、将来的には外部への公開も検討されているとのことです。また、システムは国内では秋田県立図書館などが使用している、NTTデータの「AMLADR」(アムラッド)が用いられるとのことです。

スペイン王室資産等のデジタルアーカイブ構築事業に参画(NTTデータ, 2016/1/27)

EBSCO Information Services社が、ラテンアメリカ、スペイン、ポルトガルの学術雑誌の包括的な全文テキストデータベース“Fuente Académica™ Plus”を公開

2015年11月3日、EBSCO Information Services社が、ラテンアメリカ、スペイン、ポルトガルの学術雑誌の包括的なコレクションを含む非英語圏の全文テキスト資源であるデータベース“Fuente Académica™ Plus”を公開したと発表しています。

同データベースは、オンラインで利用できる他の非英語の学術資源よりもかなり大きなコンテンツのコレクションを提供するとのことです。

同データベースには1,500以上のフルテキスト出版物が含まれており、継続的にバックナンバーのファイルを増やしているとのことです。

分野としては「農学」「生物学」「経済学」「歴史学」「法学」「文学」「哲学」「心理学」「行政学」「宗教学」「社会学」が含まれるとのことです。

EBSCO Information Services Expands its Non-English Scholarly Resources with Fuente Académica™ Plus(EBSCO,2015/11/3)
https://www.ebsco.com/news-center/press-releases/ebsco-information-services-expands-its-non-english-scholarly-resources

スペイン国立図書館、デジタル資料保存のため、Red.es社と連携  500万ユーロの費用を見込む

スペインの産業・エネルギー・観光省は、国営企業Red.es社とスペイン国立図書館が、同館のデジタルコレクション構築とオンラインのデジタル納本資料の保存のための協定を結んだと発表しています。

情報通信の技術を活用した、文化遺産の保存と、オンライン資料の法定納本の開発のため、費用は500万ユーロを見込んでおり、300万ユーロをRed.es社が、200万ユーロをスペイン国立図書館が提供するとのことです。

National Library of Spain Announces 5 Million Euros ($5.6 Million) Digital Preservation Partnership(infoDOCKET,2015/10/21)
http://www.infodocket.com/2015/10/21/national-library-of-spain-announces-5-million-euros-5-6-million-digital-preservation-partnership/

参考:
オンライン出版物の法定納本に関する勅令が承認(スペイン)
Posted 2015年7月22日
http://current.ndl.go.jp/node/28973

E1208 - スペインで電子出版物等の納本を定めた法定納本法が成立

マドリードの地下鉄図書館“Bibliometro”が10周年を迎える(スペイン)

2015年7月27日、マドリード地下鉄(Metro de Madrid)の駅構内に設置された図書館“Bibliometro”が、2005年の同日にNuevos Ministerios駅にオープンしてから、10周年を迎えました。

現在、“Bibliometro”は同地下鉄の12の駅の構内に設置されていて、全体で95,000冊(1,500タイトル)以上を所蔵し、1か月当たり約6,000冊を貸出しているとのことで、この10年間で利用者はのべ10万人を超えているとのことです。

“Bibliometro”は、地下鉄利用者の読書を促進し、かつマドリード地下鉄と公共図書館の連携を生み、利用の拡大を図ることを趣旨とした取組みで、サービスは、無料で1度に2冊までの本を、最大15日間まで借りることができ、さらに最大15日まで延長が可能で、電話やインターネットからも申請可能で、返却時は、返却ボックスに返せばよいといった内容のようです。

The Bibliometros offer readers more than 95,000 copies of 1,500 titles at 12 Metro stations(Metro de Madrid, 2015/7/27)

オンライン出版物の法定納本に関する勅令が承認(スペイン)

IIPCによると、2015年7月10日、スペインの閣議(Consejo de Ministros)でオンライン出版物の法定納本を規定する勅令(Real Decreto)が承認されました。

2011年7月に成立した法定納本法(La Ley de Depósito Legal)は、オンライン出版物を法定納本の対象としていましたが、今回承認された勅令では、多様で複雑なオンライン出版物の納本手続きやその詳細を規定しており、自治州の納本図書館とスペイン国立図書館(Biblioteca Nacional de España:BNE)に対して、ウェブのクローリングと自動収集できないオンライン出版物の出版社への納入要求を可能としています。

Non-print Legal Deposit Law approved in Spain(IIPC, 2015/7/17)
https://netpreserveblog.wordpress.com/2015/07/17/non-print-legal-deposit-law-approved-in-spain/

¿Qué significa el depósito legal para la sociedad?(BNE, 2015/7/10)

ページ