Max Planck、Springer社とOpen Choice含みで電子ジャーナル購読契約継続へ

78の研究機関を抱えるドイツのMax Planck Societyは、昨年10月にSpringer社の電子ジャーナル購読契約を中止すると発表していましたが、長い交渉の結果、購読契約を継続することとなったと発表しています。

また、合わせてMax Planckの研究者の論文はOpen Choiceが適用され、ジャーナルの発行とともにオープンアクセスとなります。

Max Planck Society and Springer reach agreement
http://www.mpg.de/english/illustrationsDocumentation/documentation/pressReleases/2008/pressRelease20080204/index.html

Planck cheque - max. access
http://theparachute.blogspot.com/2008/02/planck-cheque-max-access.html

Max Planck and Springer strike a deal - Open Access News
http://www.earlham.edu/~peters/fos/2008/02/max-planck-and-springer-strike-deal.html

参考:
独マックスプラング協会、Springer社の電子ジャーナル講読中止
http://current.ndl.go.jp/node/6694
ゲッティンゲン大学、大学を挙げてSpringer社のOpen Choiceに合意
http://current.ndl.go.jp/node/6622
シュプリンガー社とオランダの大学図書館コンソーシアム、共同OA評価イニシアチブを開始
http://current.ndl.go.jp/node/6108