国立情報学研究所(NII)、2020年以降の目録所在情報システム(CAT2020)テスト用サーバ運用開始へ:マニュアル案も公開予定

国立情報学研究所(NII)は、2019年5月28日に、2020年以降の目録所在情報システム(CAT2020)テスト用サーバの運用を開始し、併せてCAT2020における変更点に対応したマニュアル類の案を公開すると発表しています。

テスト用サーバは、CAT2020での新機能を搭載しており、実際に使用することにより目録・ILL業務が問題なく継続できるかを確認するためのものです。運用期間は2020年2月28日までの予定です。

公開されるマニュアル案は、『目録情報の基準 第5版』(案)及び『目録システムコーディングマニュアル(改訂版)』(案)です。

テスト用サーバ、マニュアル案のいずれについても、フィードバックを受け付けています。

CAT2020テスト用サーバ運用開始及びマニュアル案公開について(NII, 2019/5/20)
https://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/2019/05/cat2020_1.html

CAT2020テスト用サーバの運用開始について[PDF:2ページ]
https://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/about/infocat/pdf/A1a_cat2020test.pdf

『目録情報の基準 第5版』(案)及び『目録システムコーディングマニュアル(改訂版)』(案)の公開について[PDF:2ページ]
https://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/about/infocat/pdf/A2_cat2020manual.pdf

参考:
国立情報学研究所(NII)、2020年以降の目録所在情報システム(CAT2020)に対応するための要件をまとめたガイドラインを公開
Posted 2019年3月25日
http://current.ndl.go.jp/node/37853

E2107 - NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化について(最終まとめ)
カレントアウェアネス-E No.364 2019.02.28
http://current.ndl.go.jp/e2107