【イベント】「京都映画ノンフィルム資料アーカイブ」セミナー&シンポジウム(2/6・京都):アーカイブ中核拠点形成モデル事業実証展示も開催

2019年2月6日、京都大学楽友会館(京都市)で、特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)の文化庁委託事業「アーカイブ中核拠点形成モデル事業」(撮影場所等における映画関連非フィルム資料)の主催により、「京都映画ノンフィルム資料アーカイブ」セミナー&シンポジウムが開催されます。

同事業では、京都及び関西地区における映画の撮影所等に保管されているシナリオ、ポスター等の映画関連非フィルム資料について、アーカイブ中核拠点形成のためのネットワーク構築等に取り組んでいます。セミナー及びシンポジウムは、映画関連非フィルム資料の価値や、修復、保存について理解を深めるものです。

入場は無料です。定員は75人(先着順)で、申込みが必要です。内容は次のとおりです。

・第1部セミナー「映画資料の特性を生かした修復・保存について」
講師:株式会社資料保存器材取締役 営業グループ 阿部祐貴氏

・第2部シンポジウム「映画資料の保存・修復における今後の展望」
登壇者:
株式会社東映京都スタジオ代表取締役社長 山口記弘氏
国立映画アーカイブ主任研究員 岡田秀則氏
国立新美術館学芸課美術資料室長 谷口英理氏
(進行)京都大学大学院人間・環境学研究科准教授 木下千花氏

・展示
同事業で修復されたポスターや台本の展示、同事業及び修復処置についての概要パネル掲示

また、2019年2月1日から2月11日まで、東映太秦映画村(京都市)の映画文化館で、アーカイブ中核拠点形成モデル事業実証展示が開催され、修復ポスターや修復台本等が展示されます。

2/6(水)「京都映画ノンフィルム資料アーカイブ」セミナー&シンポジウム開催[同時期開催]アーカイブ中核拠点形成モデル事業 実証展示(VIPO, 2019/1/23)
https://www.vipo.or.jp/news/20355/

@Eigamura(Facebook, 2019/1/24)
https://www.facebook.com/Eigamura/posts/10156231030700186

文化庁「アーカイブ中核拠点形成モデル事業」(京都ノンフィルム資料アーカイブ)(VIPO)
https://www.vipo.or.jp/project/archive-corebase_kyoto-nonfilm/

参考:
【イベント】シンポジウム「アーカイヴの理論と実践--東映とその可能性を中心に」(2/22・京都)
Posted 2018年2月20日
http://current.ndl.go.jp/node/35514