【イベント】公開研究会「古典籍画像に対する文字認識と内容解析への取り組み」(10/9・東京)

2018年10月9日、国文学研究資料館において、公開研究会「古典籍画像に対する文字認識と内容解析への取り組み」が開催されます。

画像処理・アルゴリズムを専門とする公立はこだて未来大学准教授の寺沢憲吾氏を講師として、古典籍画像に対する文字認識と内容解析に関し、現在進めている最新の研究内容や今後の可能性についての講演が行われます。入場無料で事前の申込みは不要です。

日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画(国文学研究資料館)
https://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/
※2018年9月26日の「お知らせ」に公開研究会の情報が掲載されています。

公開研究会「古典籍画像に対する文字認識と内容解析への取り組み」[PDF:1ページ]
https://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/images/20181009_leaflet.pdf

参考:
E1992 - 古典籍画像を見るなら,新日本古典籍総合データベース!
カレントアウェアネス-E No.341 2018.02.08
http://current.ndl.go.jp/e1992

凸版印刷、江戸期以前のくずし字を高精度でテキストデータ化する新方式OCR技術を開発
Posted 2015年7月3日
http://current.ndl.go.jp/node/28820