インドの女性図書館員の服装等に関する調査(文献紹介)

2018年8月にマレーシアのクアラルンプールで開催される第84回世界図書館情報会議(WLIC)・国際図書館連盟(IFLA)年次大会での発表資料として、インド・SNDT女子大学のサワント(SAWANT, Sarika)氏による“Women librarians in traditional and modern attires in India: Nationwide scenario ”と題する文献が公開されています。

インド全州の女性図書館員の、日常的な着用を好む服装、会議やワークショップ等で着用する服装、ピアスや刺青の実施状況、宝石類の着用について調査したものです。

ほぼすべての回答者が日常的に着用する服装は快適で自信を持っていると回答しており、平日には、サルワール・カミーズ、チュリダー/クルタ、サリーといった服装の着用が好まれ、週末はジーンズとクルティの組み合わせが上記3種の服装と共に好まれるとの結果が紹介されています。サリーに関しては、会議への参加や発表時に好まれる衣装となっています。

また、大多数の回答者が、自身の服装が利用者の声のかけやすさに影響を与えることや、ベンダー・出版者・学生・学者などといった多様な人物と面会するため、服装を優雅に着用する必要があると考えているという結果も紹介されています。

次に、ピアス・刺青に関しては、ピアスは多くのコミュニティの伝統儀礼の一環として鼻や耳に行なわれていますが、刺青は個人の自由と考えている一方で刺青をしている図書館員は皆無であるなど、図書館員として避ける傾向があるとのことです。

最後に、宝石類に関しては、インドの文化を反映して日常的な着用を好むものの最低限であり、バングルを身に付け、額に施す装飾ビンディは行なう一方で、既婚女性が着用するネックレス・マンガルシュトラは身に付けていないとのことです。

そして、多くの回答者が、見苦しくなく話しかけやすいように身だしなみに留意しないといけないと考えていることや、インドのメディアにおいて図書館員のステレオタイプ化はされていないことが指摘されています。

Women librarians in traditional and modern attires in India: Nationwide scenario (IFLA Library)
http://library.ifla.org/2244/

Women librarians in traditional and modern attires in India: Nationwide scenario [PDF:368KB]
http://library.ifla.org/2244/1/142-sawant-en.pdf

参考:
ハッシュタグ「#LibrarianFashion」をつけて、自分の写真をソーシャルメディアに投稿しよう! IFLA NPSIGが図書館員に呼びかけ
Posted 2018年7月3日
http://current.ndl.go.jp/node/36267

E1935 - 図書館界で働く人向けのスタイリングセミナー<報告>
カレントアウェアネス-E No.329 2017.07.27
http://current.ndl.go.jp/e1935

「図書館かわいいプロジェクト」、ウェブマガジン『Libkawaii』のサイトを開設
Posted 2011年4月26日
http://current.ndl.go.jp/node/18078

CA1674 - 「男性図書館員」の肖像 / 河合将彦
カレントアウェアネス No.298 2008年12月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1674