米国国立公文書館、これまで非公開・一部公開であったジョン・F・ケネディ大統領の暗殺関係記録をオンラインで公開

2017年7月24日、米国国立公文書館(NARA)が、JFK暗殺記録収集法に則り、これまで非公表であった、17点のオーディオファイルを含む、3,810点の文書類をオンラインのみで公開したと発表しています。

公開した文書類は、連邦捜査局(FBI)や中央情報局(CIA)の記録で、これまで全て非公開であった441点と、一部公開であった3,369点の文書類を含むものです。

1992年に制定されたJFK暗殺記録収集法では、ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺関係の記録は、非公開の延長が必要であると大統領が承認する場合を除き、法律の施行後25年以内に全て公開することとなっており、今回は、この公開のための一連の作業の最初のものとなります。

NARAでは、1992年に約500万ページの記録からなるJohn F. Kennedy Assassination Records Collectionを設置しており、1990年代後半までに、その88%の記録は既に一般に公開されています。

National Archives Begins Online Release of JFK Assassination Records(NARA,2017/7/24)
https://www.archives.gov/press/press-releases/2017/nr17-68

JFK Assassination Records - 2017 Additional Documents Release(NARA)
https://www.archives.gov/research/jfk/2017-release

参考:
米国政府印刷局、ケネディ大統領暗殺事件に関するウォーレン委員会報告書の関連資料を公開
Posted 2014年9月24日
http://current.ndl.go.jp/node/27068

米国政府印刷局、ケネディ大統領暗殺事件に関する文書を公開
Posted 2013年11月19日
http://current.ndl.go.jp/node/24879