カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

【イベント】第11回TOKYO漢籍SEMINAR「目録学に親しむ」(東京・3/14)

2016年3月14日、一橋大学・一橋講堂を会場に、京都大学人文科学研究所 附属東アジア人文情報学研究センター主催の、第11回TOKYO漢籍SEMINAR「目録学に親しむ」が開催されるとのことです。

目録学は、漢籍を分類してその全体像を見通す、中国文献学の柱であり、今回のセミナーでは、漢籍目録の楽しみをお伝えするとのことです。

定員は200名で、事前の申し込みが必要です。

内容は、以下の通りです。

・講演「漢籍目録を読む―俯瞰の楽しみ」古勝隆一氏(京都大学人文科学研究所准教授)
・講演「子部書の分類について」宇佐美文理氏(京都大学文学研究科教授)
・講演「目録学の総決算 -「四庫全書」をめぐって」永田知之氏(京都大学人文科学研究所准教授)

第11回TOKYO漢籍SEMINAR「目録学に親しむ」 (京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/social/events_news/department/jinbun/events/2015/160314_1820.html

第11回TOKYO漢籍SEMINAR「目録学に親しむ」(京都大学人文科学研究所)
http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/zinbun/symposium/seminar2016-kanseki-tokyo.htm

チラシ
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/social/events_news/department/jinbun/events/2015/160314_1820.html/at_view/eventpdf