カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

米国労働省、オープンライセンス方針を採用 競争的資金の助成を受けた全ての知的成果物にCC-BYライセンスを適用するよう要求

2016年2月1日付けの米SPARCブログやCreative Commonsブログ等で、米国労働省(Department of Labor)がオープンライセンス方針を採用したことが報じられています。

新たな方針は2015年12月の連邦官報(Federal Register)において、米国労働省の助成金に関する規程の修正として掲載されていたとのことです。その文言によれば、米国労働省の競争的資金に基づく知的成果物については、Creative Commons Attribution(CC-BY)ライセンスを適用すること、とされています。

U.S. Labor Department Adopts Open Licensing Policy(SPARC、2016/2/1付け)
http://sparcopen.org/news/2016/dol-open-licensing-policy/

U.S. Department of Labor adopts CC BY licensing policy department-wide(Creative Commons、2016/2/1付け)
https://blog.creativecommons.org/2016/02/01/u-s-department-labor-adopts-cc-licensing-policy-department-wide/

A Christmas Story: Sharing Educational Resources at the Department of Labor(News America、2016/2/1付け)
http://www.edcentral.org/oeratlabor/

Uniform Administrative Requirements, Cost Principles, and Audit Requirements for Federal Awards Technical Amendments(Federal Register、2015/12/30付け)
https://www.federalregister.gov/articles/2015/12/30/2015-32725/uniform-administrative-requirements-cost-principles-and-audit-requirements-for-federal-awards

参考:
オープンライセンスポリシーの策定等を支援する”Open Policy Network”設立
Posted 2014年5月20日
http://current.ndl.go.jp/node/26168

フォード財団、助成を行ったプロジェクトや研究にオープンライセンスポリシーを適用することを発表
Posted 2015年2月4日
http://current.ndl.go.jp/node/27921