カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

Elsevier社がプリントディスアビリティのある人向けにテキストを提供する“Load2Learn”との提携を開始

2016年1月15日、Elsevier社がプリントディスアビリティのある人向けにアクセシブルなフォーマットで教科書を提供する“Load2Learn”との提携を結んだことが発表されました。

Load2Learnは視覚障害や読書障害など、一般に流通する印刷媒体を読むことに障害のある人(プリントディスアビリティ)向けに、アクセス可能なフォーマットで資料へのアクセスを提供するウェブベースのサービスです。英国の王立盲人擁護協会(RNIB)が運営しています。

今回提携を結んだことで、Elsevier社のコンテンツについてもLoad2Learnへ提供されていくことになります。

RNIB: Elsevier signs up to provide titles to Load2Learn accessible formats service for students(Vision 2020、2016/1/15付け)
http://www.vision2020uk.org.uk/rnib-elsevier-signs-up-to-provide-titles-to-load2learn-accessible-formats-service-for-students/

参考:
SAGE社、プリントディスアビリティのある人向けにテキストを提供する“Load2Learn”との提携を拡大
Posted 2014年10月29日
http://current.ndl.go.jp/node/27340

E1575 - CELA,プリントディスアビリティのある人へのサービスを開始
カレントアウェアネス-E No.261 2014.06.19
http://current.ndl.go.jp/e1575

プリントディスアビリティのある人たちがアクセス可能な本の増加をめざし、世界知的所有権機関(WIPO)等が“Accessible Books Consortium”を立ち上げ
Posted 2014年7月3日
http://current.ndl.go.jp/node/26495