E1575 - CELA,プリントディスアビリティのある人へのサービスを開始

カレントアウェアネス-E

No.261 2014.06.19

 

E1575

CELA,プリントディスアビリティのある人へのサービスを開始

 

 カナダにおいて,2014年4月1日に立ち上げられたCELA(Centre for Equitable Library Access)が,5月29日,プリントディスアビリティを抱えた利用者への図書館サービスの提供を正式に開始した。ビクトリアで行われたカナダ図書館協会(CLA)の全国大会の開催にあわせたものである。

 CELAは,プリントディスアビリティのある利用者への公平な公共図書館サービスの提供が行われるよう,公共図書館を支援する組織である。カナダでは,300万人を超える人たちが,プリントディスアビリティを抱えており,学習障害,身体障害,視覚障害により,従来の形態の資料の利用ができないとされている。そして,そのうち10%の人たちにとっては,代替フォーマット,すなわち録音資料,点字資料,ナレーション付きビデオなどのようなメディアへのアクセスが,依然として課題となっているという。CELAは,プリントディスアビリティの利用者が公共図書館を通じて,自身の生活する場所で,自らの望む形態の読書資料に容易にアクセスできるようにすることを目指している。

 今回立ち上げられたCELAは,カナダの公共図書館により運営される非営利組織(NPO)である。サービス開始時の情報によると,CELAのメンバーとなっている図書館はすでに600機関を超えており,特にファーストネーション(First Nations)の図書館は94%がメンバーとなっている。これはカナダの公共図書館の75%にあたり,カナダ人の85%がサービス対象としてカバーされていることになるという。理事会は,公共図書館の代表のほか,CULC(Canadian Urban Library Council:カナダ都市図書館協議会),カナダの視覚障害者支援組織であるCNIB(Canadian National Institute for the Blind)の代表から構成されている。CULCは,主に人口10万人以上の都市部をサービス対象とする40を超える図書館システムがメンバーとなっている組織である。またCNIBは,カナダ最大の視覚障害者向けの図書館を運営するとともに,これまでも視覚障害者の情報へのアクセスのため,点字図書の製作や,アドヴォカシー活動等を行ってきている。CNIBは,CELAの重要なパートナーとして位置づけられており,これまで実施してきた公共図書館を通じて視覚障害者向けのサービスを提供するCNIB Library Partners ProgramはCELAに引き継がれた形になっている。

 CELAでは,図書館が利用者に提供できるよう,代替フォーマットの資料を用意している。書籍,雑誌については録音資料,電子テキスト,点字資料を,新聞については電子テキストを提供し,またナレーション付きビデオや,子ども向けの点字絵本も提供する。利用者への提供方法については,利用者が直接インターネット接続されたコンピュータや携帯端末,DAISY再生機にダウンロードする方法が用意されており,またCDや点字図書などは,自宅への郵送で受け取ることもできる。図書館が,図書館相互貸借(ILL)により取り寄せ,利用者に提供したり,展示に使用したりする方法もある。開始時点においておよそ23万点の資料へのアクセスを提供するそうである。また,米国のBookshareが提供するアクセシブルなオンラインコレクション16万点へのアクセスも提供しており,CELAに登録している利用者は無料で利用できる。

 CELAではこのほか,図書館のコミュニティへのアウトリーチ活動を支援したり,夏の読書プログラムを支援したり,アクセシビリティに関する研修を提供したりするという。

 カナダでは,同じくプリントディスアビリティのある利用者へのサービスについて,州・準州公共図書館協議会(Provincial/Territorial Public Library Council:PTPLC)が,National Network for Equitable Library Service(NNELS)を提供しており,その一環として2013年12月には,BC Canadian Libraries Cooperativeがデジタル情報資源へのアクセスを無料で提供するCanadian Accessible Library Service(CALS)を開始している。PTPLCとCULCは2013年6月にプリントディスアビリティのある利用者へのサービス向上に向けて共同声明を発表しており,上述の動きは,これが具体的に形になってきたものと理解される。今後の動向が注目される。

関西館図書館協力課・依田紀久

Ref:
http://www.celalibrary.ca/iguana/www.main.cls?surl=CELA-News
http://www.celalibrary.ca/
http://www.celalibrary.ca/iguana/www.main.cls?surl=CELA-AboutUs
http://www.celalibrary.ca/iguana/www.main.cls?surl=CELA-ServicesForPublicLibraries
http://cla.pwwebhost.com/conference/2014/
http://www.culc.ca/
http://cniblibrary.ca/iguana/www.main.cls?surl=partnersprogram
https://www.accessola.org/Documents/OLA/Forest/ALTERNATE%20FORMATS/2014/CNIB-ON-Partners-Program-kids.pdf
https://www.bookshare.org/
http://www.bclibraries.ca/ptldc/
https://bc.libraries.coop/official-cals-launch/
http://www.culc.ca/cms_lib/PTPLC%20Communique.pdf