プリントディスアビリティのある人たちがアクセス可能な本の増加をめざし、世界知的所有権機関(WIPO)等が“Accessible Books Consortium”を立ち上げ

2014年6月30日、Accessible Books Consortium(ABC)が、世界知的所有権機関(WIPO)等複数の機関により立ち上げられました。アクセシブルなフォーマットの本の数を増加させることをめざすものであり、2013年6月にWIPOの外交会議で採択されたマラケシュ条約(Marrakesh Treaty to Facilitate Access to Published Works for Persons who are Blind, Visually Impaired, or otherwise Print Disabled:盲人,視覚障害者及び読字障害者の出版物へのアクセス促進のためのマラケシュ条約)の目的の遂行を支援するものとのことです。

ABCのウェブサイトによると、以下の組織が理事会メンバーとなっています。
Canadian National Institute for the Blind (CNIB)
DAISY Consortium
Dorina Nowill Foundation for the Blind
Elsevier
International Authors Forum (IAF)
International Federation of Reproduction Rights Organisations (IFFRO)
International Publishers Association (IPA)
Publishers’ Association of South Africa (PASA)
World Blind Union (WBU)
WIPO

Accessible Books Consortium
http://accessiblebooksconsortium.org/portal/en/index.html

Accessible Books Consortium Launched, Joins Effort to End “Book Famine” for People with Print Disabilities(WIPO、2014/6/30付け)
http://www.wipo.int/pressroom/en/articles/2014/article_0009.html

参考
E1455 - 障害者のアクセス権と著作権の調和をはかるマラケシュ条約 カレントアウェアネス-E No.241 2013.07.25
http://current.ndl.go.jp/e1455