カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

電子書籍で少年の読書リテラシーが改善:National Literacy Trustが調査結果を発表(英国)

2015年12月9日、英国においてリテラシーの改善運動を実施している団体National Literacy Trust(NLT)が、リポート“The Impact of e-books on the Reading Motivation and Reading Skills of Young People: a study of schools using RM Books”を公開しました。

同調査は、学校向けに電子書籍を提供しているRM Books社の電子書籍を用いて、英国の40の学校・468名の児童・生徒(8歳から16歳)に対して実施されたもので、電子書籍の利用が少年の読書推進に繋がるとの結果が出たと発表しています。

以下のような結果が出たとのことです。

・少年の読書レベルが8.4か月改善(平均は4.2か月、少女は7.2か月改善)
・読書に困難を感じる少年の割合が28.0%から15.9%へ減少
・読書が“cool”(カッコいい)と感じる少年の割合が34.4%から66.5%に増加
・電子書籍を用いることで読書が楽しいと述べた割合が、49.2%から64.2%に増加
・電子書籍を利用することで、少年の読書する割合が8.1%から24.5%に増加

Our research shows using ebooks increases boys’ reading progress and makes them keener, more confident readers(NLT,2015/12/9)
http://www.literacytrust.org.uk/news/6974_our_research_shows_using_ebooks_increases_boys_reading_progress_and_makes_them_keener_more_confident_readers

E-books help boys’reading progress, says NLT report(The Bookseller, 2015/12/8付け記事)
http://www.thebookseller.com/news/e-books-helps-boys-reading-progress-says-nlt-318280

The Impact of Ebooks on the Reading Motivation and Reading Skills of Children and Young People : A study of schools using RM Books
http://www.literacytrust.org.uk/assets/0002/9076/The_Impact_of_Ebooks_final_report.pdf

参考:
画面上で読む子どもの比率が紙で読む子どもの比率を上回る:英National Literacy Trustが調査結果概要を公表(英国)
Posted 2013年5月20日
http://current.ndl.go.jp/node/23530