米国ミシガン州、州に関する各種データをマッピングしたポータルサイト“GIS Open Data”を公開

2015年6月9日、米国ミシガン州のウェブサイト上で、“GIS Open Data”という名前のポータルサイトが公開されました。

このポータルサイトは、ミシガン州に関する地理情報システム(GIS)データへのアクセスを可能にするものとなっていて、提供されているデータは、人口統計や州の基盤地図、校区に関するものから、州道網や鉄道網のデータ、水源保護区域などにいたるまで様々な種類があり、「境界」、「環境」など、ウェブサイト上に設けられた10のカテゴリごとに抽出することも可能なようです。

ミシガン州によれば、このポータルサイトの使用例として、交通ネットワークと労働人口統計の相互参照などを挙げており、経済、環境、その他あらゆる分野での活用が促されているようです。

なお、各種データは、shapeファイル、スプレッドシート、KMLファイルなどの形式で提供されているようです。また、ESRI社の“ArcGIS”を用いてブラウズすることが可能なようです。

State of Michigan GIS Open Data
http://gis.michigan.opendata.arcgis.com/

Michigan Launches Open-Data Mapping Portal(Michigan Launches Open-Data Mapping Portal, 2015/6/9)
http://www.michigan.gov/minewswire/0,4629,7-136-3452-356672--,00.html

ArcGIS で何ができる?(esriジャパン)
http://ej.maps.arcgis.com/apps/MapJournal/index.html?appid=ba36ee0e55cb4eb7a2ee6d82d0b04a32&webmap=f9adcbfef324416bb938245f2893b52b

参考:
地域に関するビッグデータを提供する、地域経済分析システム“RESAS”の提供開始
Posted 2015年4月21日
http://current.ndl.go.jp/node/28357