カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

地域に関するビッグデータを提供する、地域経済分析システム“RESAS”の提供開始

2015年4月21日、内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)と経済産業省は、地域経済分析システム“RESAS”の提供開始を発表しました。

RESASは、地方自治体における人口減少対策をはじめとする、地方創生に関する戦略「地方版総合戦略」の策定に際し、情報を提供するものであるとのことです。本システムによる情報提供によって、地方自治体が自らの産業構造や人口動態、観光の人の流れなどの現状・実態を正確に把握し、データに基づく目標設定やPDCAサイクルの設計等を行えるようになる、ということも狙いのようです。

RESASは「産業マップ」、「人口マップ」、「観光マップ」、「自治体比較マップ」の4つで構成され、企業の取引状況や将来の人口、人の移動に関するデータなどがマップを用い可視化されているようです。

なお、“Regional Economy and Society Analyzing System”の頭文字をとった命名とのことで、利用に当たってはGoogle Chromeを用いる必要があるようです。

地域経済分析システム(RESAS~リーサス~)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/resas/index.html
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/resas/pdf/outline.pdf

※2つ目のリンクは内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)によるプレスリリース。

「地域経済分析システム(RESAS(リーサス))」の提供を開始しました(経済産業省, 2015/4/21)
http://www.meti.go.jp/press/2015/04/20150421001/20150421001.html
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/resas/pdf/20150421_pressrelease.pdf

※2つ目のリンクは経済産業省によるプレスリリース。

石破大臣閣議後記者会見(平成27年4月21日)(政府インターネットテレビ)
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg11659.html?t=147

※RESASを使用した記者会見が行われています。

「地方版総合戦略」等の策定等に関する都道府県・指定都市担当課長説明会
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/chihosogo/gijisidai.html