EDP Open、学会のオープンアクセスに対する態度に関する調査結果を公開

2014年5月27日、EDP Openが学会のオープンアクセス(OA)に対する態度に関する調査("Learned Society attitudes towards Open Access”)の結果報告を公開しました。EDP Openは学会と共同で出版活動に従事する非営利出版者、EDP ScienceのOA部門で、今回の報告ではEDP Scienceに参加している学会を対象としたオンライン調査と、補助的に行われたフォーカスグループ調査の結果がまとめられています。

報告によれば、調査に回答した学会の多くはOAによって一部の学会の発行する雑誌が財政危機に陥ることは避けられないだろう、と考えており、大手OA出版者との競争も大きな問題であると考えられていました。また、学会誌におけるOAの提供手段としては著者によるリポジトリへの登録を認めている学会が約8割ともっとも多かった一方で、OA雑誌を出版している学会は30%未満と最も少なくなっていました。しかしOA雑誌を刊行したいと考えている学会は約3分の2にのぼっていた、とされています。

EDP Open survey reveals Learned society attitudes towards Open Access(EDP Open、2014/5/27付け)
http://www.edp-open.org/index.php?option=com_content&view=article&id=273

Learned Society attitudes towards Open Access(EDP Open)
http://www.edp-open.org/images/stories/doc/EDP_Society_Survey_May_2014_FINAL.pdf

参考:
米コピーライト・クリアランス・センター(CCC)、オープンアクセスに関する情報サイトを開設-学会・専門協会出版協会(ALPSP)との連携 Posted 2014年1月15日
http://current.ndl.go.jp/node/25248