米国図書館協会、“Spectrum Doctoral Fellowship program”(2013)のフェローシップ6名を公表

米国図書館協会(ALA)が、図書館界への人種的に多様な個人のリクルートを進めるために実施している奨学金制度“Spectrum Doctoral Fellowship program - Building Change”について、対象者となる博士課程の学生6名を公表しています。6名は、博物館・図書館サービス機構(IMLS)の資金により2013年秋学期から2年間の学費及び奨学金が支給されるほか、学会等での発表の支援が受けられます。また所属する大学が、残りの期間の学費及び奨学金を支給することとなっています。

選定されたのは以下の6大学6名とのことです。

RaShauna Brannon (University of Illinois at Urbana-Champaign)
LaVerne Gray (University of Tennessee Knoxville)
Miraida Morales (Rutgers University)
Myrna Morales (Simmons College) 
Mario Ramirez (University of California – Los Angeles)
Elnora Tayag (University of North Carolina at Chapel Hill)

ALA awards six new Spectrum Doctoral Fellowships(ALA, 2013/8/13付け)
http://www.ala.org/news/press-releases/2013/08/ala-awards-six-new-spectrum-doctoral-fellowships

Spectrum Doctoral Fellowship - Building Change
http://www.ala.org/offices/diversity/spectrum/phd
※6名の詳細な紹介あり。