カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

米公共図書館の電子書籍貸出サービスがクリスマスに見せた記録

OverDrive社の(次世代型)電子書籍サービスを導入している米国の公共図書館で、電子書籍の貸出回数がクリスマスの日に史上最多を記録したと同社が発表しています。特に、iPad、Kindle Fire、Android端末などによる利用が劇的な伸びを見せたということです。そのような図書館の例として、Cuyahoga County Public Library、Pioneer Library System、Hennepin County Library、Mid-Continent Public Libraryという4つの図書館(システム)の貸出回数グラフが紹介されています。例えば、Cuyahoga County Public Libraryについては、クリスマス・イヴには1,760回だったのが、クリスマス当日には2,810回になっています。The Digital Shift誌の記事では、クリスマスに電子書籍リーダーやタブレット端末を入手した利用者が多かったのではないかと推測が述べられています。

Next Generation Libraries Generate Record eBook Traffic on Christmas(OverDrive 2012/12/26付けブログ記事)
http://overdriveblogs.com/library/2012/12/26/next-generation-libraries-generate-record-ebook-traffic-on-christmas/

OverDrive, 3M kick off 2013 with Promising Ebook Developments(The Digital Shift 2013/1/3付け記事)
http://www.thedigitalshift.com/2013/01/ebooks/overdrive-3m-kick-off-2013-with-promising-ebook-developments/

参考:
米OverDrive社、“次世代”版電子書籍サービスを一部の図書館で試験導入中
http://current.ndl.go.jp/node/22587