カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

神奈川県立図書館および県立川崎図書館の機能集約・廃止等についての検討

神奈川県立図書館(横浜市)および神奈川県立川崎図書館(川崎市)の機能集約・廃止等について検討されていると新聞各紙で報じられています。

これは、神奈川県緊急財政対策で検討されている県有施設の廃止・委譲に係る検討の一部で、2012年11月7日の同県議会決算特別委員会で説明されたということです。検討内容は次のとおりです。

・県立図書館の閲覧・貸出サービスを廃止し、蔵書は市町村立図書館を通じて閲覧する
・県立図書館は専門書の収集、図書の相互貸借システムの運営、司書の研修など、バックアップ機能に特化
・県立川崎図書館は廃止し、その蔵書は県立図書館で保管

これらの内容について県内市町村と2013年度中に検討が行われるとされています。なお、都道府県立図書館を県民が直接利用できなくなるケースは例がないということです。

また、神奈川県緊急財政対策本部による資料「県民利用施設の検討の方向性に関する説明資料」では、両館について機能の純化・集約化を含めた検討を行うとされています。さらに、県立図書館については「市町村立図書館との役割分担を精査しながら、県立図書館の機能を純化し、効率化に向けて検討。具体的には、閲覧・貸出機能を廃止し、県内の公立図書館間の相互貸借システムの運営など広域的サービス等について、市町村図書館とも協議しながら、検討する。」、県立川崎図書館については「川崎市からの借地であり、川崎市の再編整備計画により、平成29年度までに現在地から移転する必要があることから、県立図書館等との集約化を含めた検討を行う。」と記されています。

県立川崎図書館は国内有数の社史コレクションで知られています。

県立2図書館の廃止検討 財政難、来年度に結論:神奈川(東京新聞 2012/11/8付け記事)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20121108/CK2012110802000113.html

「県立図書館の閲覧・貸し出し廃止、川崎は廃館」と県教委方針/神奈川(カナロコ 2012/11/8付け記事)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1211070044/

閲覧・貸し出しサービス廃止を検討へ 神奈川県立図書館(MSN産経ニュース 2012/11/7付け記事)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/121107/kng12110720290015-n1.htm

神奈川県緊急財政対策本部
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f417452/p498985.html

神奈川県緊急財政対策(PDF:39ページ)
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/life/533550_1069400_misc.pdf

県民利用施設の検討の方向性に関する説明資料(PDF:16ページ)
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/life/533550_1069330_misc.pdf

神奈川県立図書館
http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/