宮城県東松島市図書館、市民の被災体験を映像として記録する「ICT地域の絆保存プロジェクト」を実施中

宮城県東松島市図書館が図書館振興財団から約760万円の助成を受けて実施している「ICT地域の絆保存プロジェクト(東日本大震災を語り継ぐ)」が新聞各紙で取り上げられています。

同プロジェクトは、2012年7月から2013年3月にかけて実施されているもので、東日本大震災における市民の被災体験を映像として記録・保存し、また、震災後にやりとりされたメールや避難所でのチラシの収集も行うそうです。朝日新聞デジタルの2012年8月11日付け記事によると、これまでに55人の市民の体験が撮影されており、これらの映像は2013年春には同館での閲覧が可能になる予定とのことです。

また、同館では8月10日に、「311まるごとアーカイブス」を進めている独立行政法人防災科学技術研究所の協力を得て、「きっず夏休み 復興アーカイブ記録・編集ワークショップ」を開催したということです。

震災証言、映像で収集 東松島市図書館(朝日新聞デジタル 2012/8/11付け記事)
http://mytown.asahi.com/miyagi/news.php?k_id=04000001208110001

子どもら震災記録編集 動画や壁新聞製作 東松島市図書館ワークショップ(石巻かほく 2012/8/11付け記事)
http://www.sanriku-kahoku.com/news/2012_08/i/120811i-kiroku.html

被災体験談を収集 来年3月まで東松島市図書館 デジタル化し保存、活用(石巻かほく 2012/07/27付け記事)
http://www.sanriku-kahoku.com/news/2012_07/i/120727i-taikendan.html

josei007-12の日記
http://d.hatena.ne.jp/josei007-12/

振興助成実績(図書館振興財団)
http://www.toshokan.or.jp/shinko_josei_jisseki.php

東松島市図書館
http://www.lib-city-hm.jp/lib/2011y-library%20top/index.html

参考:
E1279 - 東日本大震災の記録と記憶を未来へ伝えるデジタルアーカイブ
http://current.ndl.go.jp/e1279

宮城県東松島市、同市図書館での東日本大震災関連資料の収集保存に協力呼びかけ
http://current.ndl.go.jp/node/19922

宮城県の東松島市図書館、震災による被害状況等の写真をホームページで公開
http://current.ndl.go.jp/node/17866