カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

デジタル教科書教材協議会(DiTT)が「デジタル教科書法案」を発表

2012年6月5日に、デジタル教科書教材協議会(DiTT)が、シンポジウム「これからのデジタル教科書の話をしよう~成果発表と2012年提言~」を開催し、その中で「デジタル教科書法案」を発表しました。これは、2012年4月に公表された「DiTT政策提言2012」を踏まえたもので、あわせて、財政措置、教育の情報化総合計画、教育の情報化ナショナルセンター(仮称)についての提言も発表しています。同法案では、デジタル教科書の普及の促進に必要となる学校教育法や著作権法の一部改正などについて示しており、また、財政措置に関する提言では、教科書用端末整備に必要な予算は2015年度は2100億円でその後は毎年度700億円と試算しています。

DiTTシンポジウムでの発表資料はこちらをご確認ください。(DiTT 2012/6/5付けお知らせ)
http://ditt.jp/news/?id=1899

デジタル教科書:「すべての子供にデジタル教科書」実現めざし法案を発表 DiTT(毎日jp 2012/6/5付け記事)
http://mainichi.jp/feature/news/20120605mog00m040022000c.html

ニュース - デジタル教科書教材協議会、「デジタル教科書法案」を発表(ITpro 2012/6/6付け記事)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120606/400646/

教科書のデジタル化に対する温度差…立場による違いがDiTTシンポジウムで明らかに(リセマム 2012/6/6付け記事)
http://resemom.jp/article/2012/06/06/8047.html

参考:
CA1748 - 動向レビュー:デジタル教科書をめぐって / 澤田大祐
http://current.ndl.go.jp/ca1748

デジタル教科書教材協議会(DiTT)、「DiTT政策提言2012」を発表
http://current.ndl.go.jp/node/20560