国際図書館連盟(IFLA)がオープンアクセスに関する見解と戦略をまとめた声明を発表

2011年4月15日に、国際図書館連盟(IFLA)がオープンアクセス(OA)に関するIFLAとしての見解と戦略をまとめた声明を発表しています。公開された声明文では、OAの定義に始まり、OAの利点やOA導入による図書館の役割の変化、国際機関とのOAに関する連携協力の促進等が指摘されているようです。また、IFLAの刊行物を今後OA化する方針も表明されているようです。

IFLA Statement on open access - clarifying IFLA’s position and strategy
http://www.ifla.org/files/hq/news/documents/ifla-statement-on-open-access.pdf

Just Released: IFLA Statement on Open Access (IFLA 2011/4/15付けのニュース)
http://www.ifla.org/en/news/just-released-ifla-statement-on-open-access