カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

大学の授業でiPadを試行的に導入した結果とその分析(オーストラリア)

オーストラリアのメルボルン大学トリニティ・カレッジ(University of Melbourne's Trinity College)が“Report on the Step Forward iPad Pilot Project”と題したレポートを公開しています。これは、2010年8月から2011年1月まで実施された、同大学の授業でのiPadを試験的に導入したプロジェクト“Step Forward Pilot Project”について、その検証結果をまとめたものとのことです。同プロジェクトには、50名の学生と20名のスタッフが参加したようです。主な結果は次の通りです。
・他のスタッフや学生にもiPadの利用を勧めると回答したのは、プロジェクト参加のスタッフ76.2%で、学生が80%であった。
・iPadはラップトップやネットブックに比べて便利で、紙の印刷や消費を抑えることにつながった。
・iPadを最大限に活用するためには、講義室にテレビモニターのスクリーンや書画カメラ等の高品質の視聴覚設備の設置とそのITサポートが必要である。

Report on the Step Forward iPad Pilot Project (Google Docsで公開されています)
https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=explorer&chrome=true&srcid=0B5lvGCuvwcgXZWZkYmEzNDMtNmQ1OS00NmRhLTlhYmItOTU5NmVhYWJlNDA1&hl=en

Trinity College iPad Pilot Report Available (Trinity College iPad Pilot 2011/3/5付けの記事)
http://ipadpilot.wordpress.com/2011/03/05/trinity-college-ipad-pilot-report-available/

Report on the Step Forward iPad Pilot Project (Digital Koans 2011/3/8付けの記事)
http://digital-scholarship.org/digitalkoans/2011/03/08/report-on-the-step-forward-ipad-pilot-project/