米国初の「カーボンポジティブ」な図書館

米国コロラド州にあるRangeview Library Districtの支部図書館であるAnythink Bringhton図書館が、米国で初めて「カーボンポジティブ」(温室効果ガスの吸収量が排出量を上回る)な図書館になったということです。Anythink Bringhton図書館は、環境評価制度LEEDの認定を受けた建物、108キロワットの太陽光発電システム、炭素クレジットの購入などにより、排出量よりも吸収量が16%多くなりました。これによるエネルギーの節約費用は年間3万ドルになるということです。Rangeview Library Districtでは、全ての図書館で、「カーボンニュートラル」(温室効果ガスの吸収量と排出量が同じ)を達成することを最終目標にしているということです。

Anythink Brighton Becomes First Carbon Positive Library in U.S.(ニュースリリース)
http://www.anythinklibraries.org/news-item/anythink-brighton-becomes-first-carbon-positive-library-us

Rangeview Library District branch features photovoltaic system, geothermal heating and cooling
- Library Journal 2009/12/10付けの記事
http://www.libraryjournal.com/article/CA6711031.html