映像・文書を「1000年」保存できる技術の基礎実験に成功

慶應義塾大学の黒田教授とシャープなどが、映像や文書などを超長期にわたり保存する方法の基礎実験に成功したと報じられています。半導体チップに記録し無線技術で読み出す方式で、10年以内の実用化を目指すということです。

映像や文書「1000年保存できる」方法 慶大やシャープなど -- NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090615AT2G1400215062009.html