環太平洋デジタル図書館連合(PRDLA)、参加館のデジタルコレクションの新ポータルサイト“PRL”を立ち上げ

環太平洋デジタル図書館連合(PRDLA)が2009年2月、参加している米国、カナダ、中国、韓国、台湾、香港、シンガポール、オーストラリアの大学図書館がデジタル化したコレクション37万点以上を統合検索できるポータルサイト“PRL(Pacific Rim Library;発音は「pearl」と同じとのこと)”を新しく立ち上げました。これは、各機関からメタデータを収集して構築しているもので、もとは2006年に“DSpace”で開発し運用していたものの、30万点を超えたところからパフォーマンスが悪化してきたため、欧州原子核研究機構(CERN)が開発したオープンソースのデジタル図書館ソフトウェア“CDS Invenio”に移行してリリースしたとのことです。

PRDLA Archive
http://prdlaarchive.lib.hku.hk/

PRDLA Collections Registry - Browse by Institution
http://prdla.ucmercedlibrary.info/collections-sorted-by-insitution-name/
(※デジタルコレクションのメタデータを提供している機関とコレクション名)

Pacific Rim Library
http://prdla.ucmercedlibrary.info/2009/02/pacific-rim-library/
(プレスリリース)

CDS Invenio Overview
http://cdsware.cern.ch/invenio/index.html

David T. Palmer. The Pacific Rim Library: A Surprising Pearl. Serials Review. Article in press.
http://dx.doi.org/10.1016/j.serrev.2009.04.004