E1323 - 北米の大学図書館等における教育・学習用ツール提供の現状

カレントアウェアネス-E

No.220 2012.08.09

 

 E1323

北米の大学図書館等における教育・学習用ツール提供の現状

 

 米国・カナダの126の大学図書館等が加盟する北米研究図書館協会(ARL)による調査報告書シリーズ“SPEC Kit”は約40年の歴史を誇る。業界でホットなトピックについて加盟館を対象とした調査を行い,その結果をまとめるものである。現在年6回実施されているこの調査は“SPEC Survey”と名付けられ,ARLの年次統計調査と並んで重要なものとされている。

 SPEC Kitの第1号が刊行されたのは1973年,テーマは“Organization Charts”(組織図)であった。以後年6本を超えるペースで号を重ね,2012年7月時点では328号を数えている。報告書の内容は,2005年の291号まではHathiTrust(CA1760参照)で公開され,292号以降はARLのウェブサイトで目次や概要のみが無料公開されている。

 最新の328号“Collaborative Teaching and Learning Tools”では教育・学習用ツールをテーマとした調査を行った。回答した61機関(63館)におけるツールの提供状況や,効果・課題等についてまとめ,北米の大学図書館における様々な実態を明らかにしている。以下,報告書の概要から調査結果の一部を紹介する。

  • 61館(97%)が何らかの教育・学習用ツールを提供していた。
  • 最も多かったのはホワイトボード(58館が提供/提供予定,平均23台)で,次がノートパソコン(41館,平均59台)だった。タブレット端末(38館,平均12台),電子書籍リーダー(24館,平均10台),インタラクティブホワイトボード(30館)も多い。
  • その他,動画撮影機器,音声録音機器,GIS,クリッカー,ビデオ会議 (ウェブカム等),ゲーム機器,モニター,プロジェクター,Steelcase社のmedia:scape,スキャナー,ペンタブレット,ストレージ,ヘッドフォン,デジタルカメラ,三脚,ビデオカメラ,オーディオ再生機器,ポスター用プロッター等,多様なツールが挙げられた。
  • 46館がツールの利用時間を管理しており,その方法には対人(20館),ウェブフォーム(19館),電子メール,電話,OPAC ,オンラインカレンダー,商用のシステム等がある。
  • 提供を開始した理由については,ユーザの要望(54館),図書館委員会や 図書館員による推薦(52館),学部との連携(36館)等が挙げられた。
  • 利用ルールについては,一部のツールで利用制限している(26館),利用者の属性によって制限している(18館),何も制限してない(17館)という回答があった。
  • 利用者のサポートは,47館でシステム担当以外の,40館でシステム担当の図書館員が担っていた。所属機関のIT部門やベンダが担当するケースもあった。
  • 導入費用については,53館が図書館費用,約半分が図書館のIT費用,約3分の1が所属機関のIT費用や学生用費用を利用していると回答した。
  • 広報については,もっとも多かったのは口コミ(59館)で,図書館のウェブサイト(56館)や講習会やツアー(54館),SNS(40館)等が続いた。
  • 評価方法については,利用者からの非公式なフィードバック(57館),利用件数(55館),アンケート(26館),サポート件数(16館)等が挙げられた。
  • 提供の利点としては,「協働学習等の新しい学習スタイルをサポートできる」「図書館の広報になる。普段来ない人を集めることができる」「利用者が新しいツールや技術に触れる機会を作ることができる」等の声があった。
  • 課題については,導入・メンテナンス・リプレイスのための費用,最新の技術についていくスタッフの負担,サポートやトラブル対応に要する時間,図書館がこのようなツールを提供する理由に関する学内理解,セキュリティ等が挙げられた。

 報告書は最後に,このようなツールの提供は,現状のサービスを拡大するだけではなく,図書館のイメージを,活発で,利用者のニーズに敏感に反応してくれる,そんな頼りになる存在として変えてくれるだろうと締めくくっている。

(関西館図書館協力課・林豊)

Ref:
http://www.arl.org/resources/pubs/spec/complete.shtml
http://www.arl.org/stats/specsurveys/index.shtml
http://www.arl.org/news/pr/spec328-17july12.shtml
http://www.arl.org/bm~doc/spec-328-web.pdf
CA1760