E1304 - エビデンスサマリーとは何か?季刊誌EBLIPの取組とその分析

カレントアウェアネス-E

No.217 2012.06.28

 

 E1304

エビデンスサマリーとは何か?季刊誌EBLIPの取組とその分析

 

 図書館情報学において,エビデンス(研究により得られた根拠)に基づいた実践の重要性が唱えられて久しい(CA1625参照)。その実現にあたり課題となるのが,研究論文に示されたエビデンスを査定するプロセスであるとして,季刊誌“EBLIP”(Evidence Based Library and Information Practice)が創刊され,研究論文の要約とエビデンスの査定を行う“エビデンスサマリー”の取組が開始された。その取組は2006年の創刊以来毎号積み重ねられている。

 2011年,このエビデンスサマリーの解説部分を分析する研究文献“Transferring evidence into practice: what evidence summaries of library and information studies research tell practitioners”がInformation Research誌に公表された。この文献は,クローダ(Lorie A. Kloda)ら“EBLIP”の共同編集者3名により執筆されたものであり,2012年,カナダ図書館協会による賞も受賞している。

 この文献によると,“EBLIP”の中心コンテンツであるエビデンスサマリーは,図書館情報学分野の学術誌において現在唯一のものであるという。毎号8件程度掲載されており,その公開までのプロセスはまず,“EBLIP”の共同編集者が,主に図書館情報学分野の査読誌約90誌から特に図書館の実践に関連のある研究文献を選ぶ。編集者に予め選ばれた査定者に執筆が依頼され,査定者により執筆されたエビデンスサマリーのうち,査読を通過したものが掲載される。個々のエビデンスサマリーには,研究の目的や手法,対象,主な結果等が要約され,さらに査定者による400語程度の解説が付与されることとなっている。この解説は,研究の品質に対する査定者の判断が示される部分である。

 この研究の目的は,エビデンスサマリーの解説において,査定対象研究の何が長所あるいは短所として評価されているかを明らかにし,また同時に,解説に共通性があるのかどうかを明らかにすることである。2006年から2008年の12号に掲載された合計101件を対象に,質的に内容の分析を行い,研究の有効性(研究の結果がどの程度バイアスフリーとなっているか),信頼性(研究報告が再現可能かどうか),適用性(実践に対してどの程度のインパクトがあるか)に関する要素が言及されているのか,またどのように評価されているのかを明らかにした。

 その分析結果によると,有効性に関する5要素のうち,最も多く言及されていたのは,「調査の母集団と標本抽出法の適切さ」「調査手法の適切さと反復可能性」の2つであり,それぞれ80件,76件である。いずれの要素も,その3分の2以上は,査定対象研究の短所として指摘されていた。一方,「リサーチクエスチョンが明確に示されているか」は51件で言及されているが,そのうち24件で長所として指摘されていた。

 また,信頼性に関する7要素については,言及していない解説も多く存在しているが,そのすべてが査読対象研究の短所として指摘される傾向が強いことが明らかになった。例えば,「研究の限界」については,57件で取り上げられ,そのうち33件で短所として言及されていた。

 一方で,実践への適用性に関する3要素については長所として取り上げる傾向が強いことが明らかになった。例えば,「実践への示唆」については,70件で取り上げられ,そのうち45件において長所として言及されていた。

 この研究により,査定者がエビデンスの査定に際し,どのような要素を共通して評価しているのか,数量的に明らかになった。また同時に,全体として見たとき,有効性や信頼性について短所として評価をしながら,実践への適用性を長所として評価しているという,矛盾とも感じられ実態が明らかになった。その知見は,実践への適用を意識した研究を行う者,エビデンスに基づく意思決定を志向する現場の図書館員,また“EBLIP”の運営関係者にとって,それぞれ意義のあるものと思われる。今後この研究の成果がどう活かされるのか,動向が注目される。

(関西館図書館協力課・依田紀久)

Ref:
http://informationr.net/ir/16-1/paper465.html
http://ejournals.library.ualberta.ca/index.php/EBLIP/announcement/view/177
http://www.cla.ca/AM/PrinterTemplate.cfm?Section=Home&TEMPLATE=/CM/ContentDisplay.cfm&CONTENTID=12878
CA1625