E1232 - ダブリンコアとメタデータの応用に関する国際会議<報告>

カレントアウェアネス-E

No.203 2011.10.27

 

 E1232

ダブリンコアとメタデータの応用に関する国際会議<報告>

 

 「2011年ダブリンコアとメタデータの応用に関する国際会議」(DC2011)(E988E1121参照)が,2011年9月21日から23日にオランダ王立図書館で開催された。この会議は,ダブリンコアのみならず広くメタデータに関する研究発表や意見交換を行う場として毎年開催され,11回目を迎える今回は,36か国から170名の参加者があり,日本からは筆者を含め計7名が参加した。

 21日はプレカンファレンスで,ダブリンコアの基本概念,Linked Data(CA1746参照)やSKOSに関する基本事項を講義するチュートリアルと語彙に関する特別セッションが平行して開催された。

 22日と23日には本会議が開催され,各日の午前中に基調講演1本,ペーパー発表5本が行われた。午後には,プロジェクトリポート,各コミュニティによるワークショップ,会期中にテーマを設定する「アンカンファレンス」(unconference)と呼ばれるセッションが平行して開催された。

 22日の基調講演は,かつてDCMI(Dublin Core Metadata Initiative)で各種標準策定に関わり,現在はGoogleにソフトウェアエンジニアとして在籍するニルソン(Mikael Nilsson)氏による,「メタデータの調和」(Metadata Harmonization)をテーマとしたものであった。多様なメタデータ標準が存在し,複合的に使用される現在においては,「メタデータの相互運用性」(システム間で一定の方法によって,意味の同一性を担保しつつメタデータを交換できること)とは別の概念として,複数のスキーマを用いたメタデータが,システム間の交換方法に違いがあっても,最終的に共通のモデルに対応付けされ,意味の同一性が担保されるという「メタデータの調和」が重要になるという。そして,そのような「調和」をもたらすためには,コアとなるモデルの採用,各メタデータ標準とコアとなるモデルとのマッピングが必要になることが述べられた。

 23日には,フランスのポンピドゥーセンターでヴァーチャル・ミュージアムのプロジェクトマネージャーを務めるベルメス(Emmanuelle Bermès)氏から「図書館・文書館・博物館のためのLinked Dataに向けて」と題する基調講演があり,図書館・文書館・博物館のデータがLinked Dataのクラウドに参加していくことで相乗効果が生まれること,ユーザ目線からLinked Dataのサービスを提供することが重要であること等が述べられた。

 ペーパー発表では,メタデータの来歴情報(provenance)を記述するために,DCMI抽象モデルを一部拡張し,Description SetにAnnotation Setを付加する方法を提案する発表や,Europeanaで実施されたLinked Open Dataのパイロットプロジェクト(data.europeana.eu)を紹介する発表等が行われた。

 プロジェクトリポートでは,2010年度の総務省の新ICT利活用サービス創出支援事業のメタデータ情報基盤構築事業により構築されたメタデータ・レジストリ“Meta Bridge”について報告があった。

 DCMI/RDAタスクグループによるワークショップは,図書館アプリケーションプロファイル(Library Application Profile:DC-Lib)のタスクグループによるワークショップと合同で開催され,活動報告のほか,DC-Libの対象範囲を「図書館」に限定せず,「文化遺産関連機関」に拡張すること等について議論された。

 DC2011では,メタデータに関する研究者や実務者が一堂に会し,問題点や今後の展望に関して闊達な意見交換が行われたほか,近年急速に進みつつあるLinked Data形式によるデータ提供について様々な実践例が共有された場となった。当会議の講演資料はDC2011のウェブサイトで公開されている。

 2012年の会議は,マレーシアのサラワク州クチンでPRICAI(Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence),PRIMA(Principles and Practice of Multi-Agent Systems)等の情報技術関連の会議と合同で開催される予定である。

(電子情報部電子情報流通課・佐藤良)

Ref:
http://dcevents.dublincore.org/index.php/IntConf/dc-2011
http://dcevents.dublincore.org/index.php/IntConf/dc-2011/schedConf/presentations
http://version1.europeana.eu/web/lod/
CA1746
E988
E1121