CA1413 - ダブリン・コア(Z39.85)がNISO規格に / 鎌倉治子

カレントアウェアネス
No.264 2001.08.20


CA1413

ダブリン・コア(Z39.85)がNISO規格に

米国情報標準化機構(NISO)で審議中であったZ39.85(ダブリン・コア・メタデータ・エレメント・セット:Dublin Core Metadata Element Set)がNISO規格として承認された。本年7月中に米国規格協会(ANSI)の規格審議委員会に提出される予定で,承認を受けて米国国家規格ANSI/NISO Z39.85となる。

NISOにおけるZ39.85の審議はファスト・トラックと呼ばれる通常より迅速な手続きに従って進められている。初回の投票では賛成39,反対2(米国国立医学図書館,米国専門図書館協会),棄権0であり,再考期間に,新たに3機関(国際DOI財団,米国医学図書館協会,北米美術図書館協会)が反対に転じ,最終結果は賛成41,反対5,棄権0となった。

Z39.85のNISO規格化を受け,今後,同規格のISO等での審議が予想される。日本では今年度下期に,日本規格協会データベース表記・表現専門委員会がJIS規格化のための作業班を発足させる予定である。また,今年10月には「2001年 Dublin Coreとメタデータの応用に関する国際会議」が東京で開催される。

鎌倉 治子(かまくらはるこ)

Ref: NISO Standards Committees [http://www.niso.org/commitas.html] (last access 2001. 7. 11)
Dublin Core Metadata Initiative [http://dublincore.org/] (last access 2001. 7. 11)