CA1254 - ソ連崩壊後のバルト三国の図書館 / 林雅樹

カレントアウェアネス
No.237 1999.05.20


CA1254

ソ連崩壊後のバルト三国の図書館

エストニア,ラトビア,リトアニアのいわゆるバルト三国は,第二次大戦最中の1940年に併合されて以来,50年に及ぶソ連の支配を脱し,1991年に相次いで独立した。

ソ連時代,この地域の図書館は,他のソ連邦内の図書館と同じく,モスクワを頂点とした中央集権機構のもと,共産主義イデオロギーを広める場として位置づけられていた。独立後,バルト三国の図書館界は,政治宣伝の場から図書館本来の姿である利用者の求める情報を提供する場へと,変化する必要に迫られた。当時の図書館の状態では,人々の情報に対するニーズを満たせないのは明らかで,特に科学技術や経済関係の資料は貧弱だった。ソ連時代に,僻地の寒村にまで図書館の建設が進められたため,図書館の数は多かったが,図書館間の横の連携や役割分担といったネットワークの形成がなされていなかった。人件費も安かったため,機械化が遅れ,サービスは旧態依然で官僚的だった。図書館サービス網全体の構造変化が必要とされていた。

エストニアの公共図書館は全部で約600館,21の中央図書館を中核とするネットワーク組織を持っている。国内出版物の保存と利用を進めるため,1991年に中央図書館に対する国内出版物の納本を義務づけるとともに,1993年以降,図書館を新築して施設の近代化を図っている。また,ソ連時代,多くの学術図書館が同じような資料を重複して収集していた状況を是正するため,図書館を学術の分野別に分けて,所蔵資料の専門性をランク付けすることで,各図書館の役割分担による資源の共有がはかられた。また,1992年には,公共図書館法を約70年ぶりに改正し,公共図書館の開設と廃止の手続を定めた。

独立前のラトビアには,1,300以上の公共図書館があった。独立後の地方分権に伴い,国から図書館行政を移譲された地方政府によって,かなりの数の小さな図書館が閉鎖され,1995年現在で館数は約1,000に減少した。 分権化にはこういう弊害もあったが,公共図書館の目的を,政治宣伝から利用者のニーズに応えることに転換させたという意味では,有効であった。

ソ連時代には各種の産業,業種各々について専門図書館が設けられていたが,これらのほとんどは独立に伴い廃止された。代わって,従来学術的な分野を担当していた227館の研究図書館が,ビジネス方面での技術的・実務的な知識の需要に応えることになった。

リトアニアにおいては,独立時,44の地域と5都市の中央図書館を中心に,1,700以上の公共図書館があった。また,研究図書館や専門図書館,各種学校図書館からなる図書館サービス網があった。1993年には,文化教育省の管轄下に4,400の図書館が存在し,そのうち23が学術図書館,3,890が公共図書館であった。単純に総人口を公共図書館数で割れば,実に千人弱に一館という割合になる。1995年,リトアニア図書館法が制定された。この法律では,図書館が政治に左右されないこと,新しい時代に応える図書館学教育の充実,図書館員の地位の向上などが謳われ,文化センターとしての図書館の役割を明確に規定している。

バルト三国の図書館について特筆すべきは,電子化の進展である。独立時,全く電子化されていなかったにも拘わらず,その後の5年間で状況は一変した。現在,規模の大きな図書館はほとんどがCD-ROMデータベースを備え,目録の電子化も非常な速さで進められている。インターネットの利用も盛んである。この進歩は,独立後の外国資料の入手難からくる必要に駆られたものである。電子化により国内のみならず,バルト三国相互,そして北欧などの近隣諸国も含めた資源共有を進めることで,最新情報を得るコストを引き下げることができると,バルト三国の図書館員は考えている。従って,彼らにとって,電子化の進展とはすなわち図書館協力の進展に他ならない。

1991年,ラトビアの首都リガにおいてバルト図書館員会議が,50年ぶりに開催されたが,この場ですでに各国の国立図書館長等からなる全バルト図書館協力委員会の設置が合意されている。また,リトアニアから,三国の主な研究図書館が所蔵する資料のオンライン総合目録の作成が提案された。

諸外国の図書館との協力を進めるために,データの規格の統一もはかられた。IFLAが提案しているUNIMARCを,ラトビアとリトアニアでは,早くからオンラインの書誌データ入力に用いている。エストニアでは,FINMARC(フィンランド)をもとにESTMARCが開発され,UNIMARC,FINMARCと共に使われている。

林 雅樹(はやしまさき)

Ref: West, Samansa and Lowe, Michael. Out of the cold. J Librariansh 30(1) 57-66, 1998
Publica: the concerted action for public libraries. (last update 1999.4.15) [http://www.croydon.gov.uk/publica/pagelist.htm] (last access 1999.4.23)