カナダ国立図書館・文書館(LAC)、同館の新しい保存センターの設計計画を発表:炭素排出量実質ゼロ

2019年6月18日、カナダ国立図書館・文書館(LAC)と、同館の第二の保存センターの建設を担当するPlenary Properties Gatineauコンソーシアムが、同建物の設計計画を発表しました。

カナダ政府のグリーン戦略を満たす同国初の建物、また、ネットゼロカーボン(炭素排出量実質ゼロ)な施設として、ケベック州ガティノー市にある現在の保存センターの後ろに建設されます。

新しいセンターは、

・建設デザインや効率化によるエネルギー消費での炭素排出の最小化
・無炭素燃料によるエネルギー需要への対応
・建築素材に含まれる炭素の最小化

といった特徴を持つほか、先端技術を用いて自動化された書庫や検索システムを備える保存施設となる予定です。

建設は2019年に始まり、2022年のオープンが予定されています。

News Releases(LAC)
http://www.bac-lac.gc.ca/eng/news/news_releases/Pages/news-releases.aspx
※「Library and Archives Canada’s new preservation centre: a unique Canadian environmental project June 18, 2019」とあります。

Library and Archives Canada’s new preservation centre: a unique Canadian environmental project(Government of Canada,2019/6/18)
https://www.canada.ca/en/library-archives/news/2019/06/library-and-archives-canadas-new-preservation-centre-a-unique-canadian-environmental-project.html

Plenary to preserve Canada's heritage in iconic new building(Plenary,2019/6/18)
https://plenarygroup.com/news-and-media/news/2019/plenary-consortium-to-preserve-canadas-heritage-in-iconic-new-building

参考:
カナダ国立図書館・文書館(LAC)、同館の保存センターのガイドツアーを収録したポッドキャストの配信を開始
Posted 2017年12月20日
http://current.ndl.go.jp/node/35200

E2080 - 優れたグリーンライブラリーを称えるGreen Library Award
カレントアウェアネス-E No.358 2018.11.22
http://current.ndl.go.jp/e2080