韓国・教育部、「2019年度学術資源共同管理体系構築事業施行計画」を公表

2019年4月23日、韓国・教育部が、「2019年度学術資源共同管理体系構築事業施行計画」を公表しました。

大学における学術資源の共同活用及び大学図書館の機能強化を支援するため、「大学図書館振興総合計画(2019~2023)」に基づいて、学術情報の流通及び共同活用体系や、大学の研究と教育を効率的にサポートすることが策定の目的です。

計画の方向性として、

・大学図書館統計の信頼度向上及び連携機関による共同活用
・ニーズに基づいた教育課程の運営による大学図書館の専門人材の能力向上
・大学図書館評価体系の改善による図書館振興支援
・外国学術誌支援センターの運営による学術資源共同活用の拡大
・学術DBの大学ライセンス共同契約の採用による予算削減の拡大

があげられています。

2019년도 학술자원공동관리 체계 구축 사업 시행계획(2019年度学術資源共同管理体系構築事業施行計画)(教育部,2019/4/23)
https://www.moe.go.kr/boardCnts/view.do?boardID=337&lev=0&statusYN=W&s=moe&m=0303&opType=N&boardSeq=77388

2019년 학술자원 공동관리체계 구축사업 시행계획서(2019年度学術資源共同管理体系構築事業施行計画)[PDF:22ページ]
https://www.moe.go.kr/boardCnts/fileDown.do?m=0303&s=moe&fileSeq=93f5edc969df7b99b844048681cf4adc

参考:
韓国・教育部、「第二次大学図書館振興総合計画('19年~'23年)」を発表
Posted 2019年1月21日
http://current.ndl.go.jp/node/37413