【イベント】三田図書館・情報学会、第175回月例会「日本の大学図書館における質問相談サービスの現状調査」(7/28・東京)

2018年7月28日、三田図書館・情報学会は慶應義塾大学三田キャンパスにおいて第175回月例会「日本の大学図書館における質問相談サービスの現状調査」を開催します。発表者は早稲田大学図書館の長谷川敦史氏です。

開催概要によれば、私立大学図書館協会東地区部会研究部レファレンス研究分科会(2016/2017年度)が日本国内の国公私立大学図書館を対象に行った、質問相談サービスの提供方法に関する質問紙調査の結果について扱われるとのことです。同調査では、(1) レファレンスカウンター以外も含めた図書館内における質問相談サービス、および(2 )バーチャルレファレンスサービス(電子メール、ウェブサイト、チャットなど)の2点が調査されていました。

三田図書館・情報学会 月例会
http://www.mslis.jp/monthly.html

参考:
CA1908 - 研究文献レビュー:レファレンスサービスの潮の流れはいま / 小田光宏 カレントアウェアネス No.333 2017年9月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1908

CA1895 - 動向レビュー:デジタルレファレンスサービスの変化 / 渡辺由利子 カレントアウェアネス No.331 2017年3月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1895

※本イベントについては台風の接近に伴い開催中止となりましたが、2019年2月2日に第177回月例会として同テーマ・同発表者により開催されるとのことです。(2018/7/31)