横浜国立大学、オープンアクセス方針を策定

2018年2月27日、横浜国立大学はオープンアクセス方針および実施要領を公開しました。策定の日付はオープンアクセス方針が2月8日、実施要領が2月23日となっています。

同方針では横浜国立大学に在籍する教職員の学術論文等について、同大学の機関リポジトリもしくは著者が選択する他の方法(要領ではOA雑誌、もしくは他大学の機関リポジトリを例示)により公開する、とされています。機関リポジトリによるオープンアクセス化を選択した場合、著作権等のやむを得ない理由がある場合は非公開とできるとされていますが、実施要領によれば、免除されるのは論文の「公開」であって、データ登録・ファイルの提供についてはすみやかに行うこと、とされています。

横浜国立大学オープンアクセス方針
http://www.lib.ynu.ac.jp/about/pdf/oa_policy.pdf

横浜国立大学オープンアクセス方針実施要領
http://www.lib.ynu.ac.jp/about/pdf/oa_guideline.pdf

参考:
オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)、「オープンアクセス方針策定機関実態調査報告書」を公開
Posted 2018年2月26日
http://current.ndl.go.jp/node/35550

E1915 - JPCOAR「オープンアクセス方針策定ガイド」の公開
カレントアウェアネス-E No.325 2017.05.25
http://current.ndl.go.jp/e1915