カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

日本情報経済社会推進協会、英国Open Knowledgeによる「オープンデータ・センサス」を参考に自治体向けガイド作成 リリース候補版を公開し、意見募集中

2016年3月4日、一般財団法人日本情報経済社会推進協会は、「オープンデータ・センサス ステップアップガイド」(2016年2月ドラフト公開 リリース候補版)を公開しました。英国のOpen Knowledgeが公開している「オープンデータ・センサス」の市町村版・都道府県版の調査を行い、その内容をもとにして作成されたものです。

同資料の狙いは、日本のオープンデータまたは自治体が公開し、著作権保護されている様々なデータに対し、定量的な指標を使って評価し、先進的な事例や、総合的な公開状況の進展を明らかにすることで、今後の自治体における行動指針策定の一助とすること、とされています。

資料では、「日本の独自調査項目」が掲げられており、災害が多いという日本の特性から、「避難所」と「ハザードマップ」の公開状況について調査したことが示されています。

正式版は今後公開されるとのことで、現在意見が募集されています。

オープンデータ・センサス ステップアップガイドRC版公開(日本情報経済社会推進協会, 2016/3/4)
http://www.jipdec.or.jp/topics/news/20160304.html

関連:
平成26年度補正「先端課題に対応したベンチャー事業化支援等事業(電子政府分野におけるITベンチャーの事業化に向けた環境整備事業)」に係る委託先の採択結果について(経済産業省, 2015/3/19)
http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/saitaku/s150319003.html

参考:
【イベント】インターナショナルオープンデータデイ2016(3/5・全国各地)
Posted 2016年2月15日
http://current.ndl.go.jp/node/30731

Open Knowledge Foundation、世界の政府のオープンデータの技術的・法的な「オープンさ」を調査した“Global Open Data Index 2015”を公開
Posted 2015年12月15日
http://current.ndl.go.jp/node/30221