科学技術データ委員会(CODATA)と国際科学会議世界科学データシステム(ICSU-WDS)、研究データ連盟(RDA)が協力のための覚書を締結

2015年3月9日、科学技術データ委員会(CODATA)と国際科学会議世界科学データシステム(ICSU-WDS)、研究データ同盟(RDA)が協力のための覚書を締結したことが発表されています。研究データに関して、CODATAはアドヴォカシー、ポリシー、プロセスについて、ICSU-WDSはデータ提供と管理について、RDAはデータ共有ツールの実装や実践について、それぞれが異なり、また、補完的でもある取組みを行ってきているとのことです。

3つの国際機関は、覚書の締結により、機能面で透明性が高くオープンなデータ共有の仕組みを通じて、データの安全な管理とデータへのアクセスを整備すること、データを含むすべての研究成果のオープンで倫理的に共有する文化を主導することを目的としているとのことです。

International organizations form partnership to increase the benefit of research data for society
http://www.codata.org/uploads/Press%20Release%20CODATA_RDA_WDS-FINAL.pdf

International Partnership to Increase the Benefit of Research Data for Society(CODATA)
http://www.codata.org/news/29/62/International-Partnership-to-Increase-the-Benefit-of-Research-Data-for-Society

International Organizations Form Partnership to Increase the Benefit of Research Data for Society(RDA, 2015/3/9)
https://rd-alliance.org/international-organizations-form-partnership-increase-benefit-research-data-society.html-0

CODATA, RDA, & WDS Announce Partnership to Increase the Benefit of Research Data for Society(ICSU-WDS, 2015/3/9)
https://www.icsu-wds.org/news/news-archive/copy_of_datecite-and-icsu-world-data-system-announce-cooperation

参考:
E1537 - 研究データへの識別子付与と引用可能性向上:DataCiteの活動
カレントアウェアネス-E No.254 2014.02.20
http://current.ndl.go.jp/e1537

E1566 - 研究データ同盟第3回総会<報告>
カレントアウェアネス-E No.259 2014.05.22
http://current.ndl.go.jp/e1566

E1531 - 研究データの共有と活用のために:研究データ同盟の分科会
カレントアウェアネス-E No.253 2014.02.06
http://current.ndl.go.jp/e1531