2013年は特に劇的な変化はなし 2014年雑誌価格調査の結果(米国)

2014年4月11日付けのLibrary Journal誌の記事で、2014年版の雑誌価格調査の結果“Steps Down the Evolutionary Road | Periodicals Price Survey 2014”が公開されています。

2013年にはSCOAP3の開始などの大きな出来事もあったものの、雑誌出版の世界では劇的な変化は起こっておらず、変わらずどの分野の雑誌も値上がりを続けていることなどが報じられています。

また、同日付の別の記事”Measuring the Value of Journals | Periodicals Price Survey 2014”では、計量書誌学的指標と価格の関係についても分析されています。

Steps Down the Evolutionary Road | Periodicals Price Survey 2014(Library Journal、2014/4/11付け)
http://lj.libraryjournal.com/2014/04/publishing/steps-down-the-evolutionary-road-periodicals-price-survey-2014/

Measuring the Value of Journals | Periodicals Price Survey 2014(Library Journal、2014/4/11付け)
http://lj.libraryjournal.com/2014/04/publishing/measuring-the-value-of-journals-periodicals-price-survey-2014/#_

参考:
価格の差は雑誌の評価の差よりも大きい? 2013年雑誌価格調査の結果(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/23419

2011年雑誌価格調査の結果(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/18043

Library Journal誌、2009年2月時点の学術雑誌価格調査の結果を発表
http://current.ndl.go.jp/node/12621

E889 - 研究評価を意識した新しい学術雑誌評価指標の模索 カレントアウェアネス-E No.144 2009.02.18
http://current.ndl.go.jp/e889