カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

ミーテ、「みんなでつくろう!ご家庭での読み聞かせアンケート2013」の調査概要を公表

絵本・子育て・読み聞かせを応援するコミュニティサイト「mi:te」(ミーテ)が、会員を対象としたウェブアンケート調査の結果概要を公表しています。調査は2012年6月4日から6月17日にかけて実施されたものであり、回答数は1,128件となっています。

概要では以下のような点が紹介されています。

・読み聞かせを始めた年齢は、胎教からが18.3%、6か月までが51.4%、1歳までが17.6%などとなっており、約9割が1歳までに読み聞かせを開始している。(これについてはその理由についての回答例も紹介されています。)
・読み聞かせをしてよかったことは、「親子の触れ合いやコミュニケーションが深まった」(とてもそう思う38.7%、そう思う52.7%)、「子どもの成長に気づく機会が増えた」(とてもそう思う30.5%、そう思う、51.5%)など。(読み聞かせを通じて感じる子どもの成長については具体的な回答例も紹介されています。)

この他、図書館の活用頻度(「活用しない」が25.0%、「年に数回」が19.7%、など)や、図書館で1回あたりに借りる絵本の冊数が質問されており、その回答が示されています。

ミーテ会員アンケート「みんなでつくろう!ご家庭での読み聞かせアンケート2013」
http://mi-te.jp/contents/cafe/11-7-2316/

参考:
ミーテ、「みんなでつくろう!ご家庭での読み聞かせアンケート2012」の調査概要を公表 Posted 2012年11月6日
http://current.ndl.go.jp/node/22255