『外国の立法』における図書館情報学関係記事

外国の立法

渡邉斉志. インターネット情報資源の国家的収集―ドイツ国立図書館法案―. 外国の立法. (226), 2005.11, 94-102.
ドイツ国立図書館法案の翻訳に加え、その概要や、法案に対して付された連邦参議院の意見を紹介している。
平野美惠子. イギリスにおける2003年法定納本図書館法の制定−デジタル時代への対応−. 外国の立法. (223), 2005.2, 95-117.
英国の納本制度の沿革と制度改革の経緯を解説した上で、法案の制定経緯、概要を紹介し、法の訳出を行っている。
福井千衣. フランスの博物館と法制. 外国の立法. (222), 2004.11, 100-122.
2002年に制定されたフランス博物館法の経緯および内容、2004年に行われた文化遺産法典への再編の経緯を紹介し、法の訳出、文化遺産法典への編入の概要説明を行っている。
南亮一. 2003年フランス公共貸与権法. 外国の立法. (222), 2004.11, 123-135.
公共貸与権制度の概要を解説した上で、フランスにおける議論の過程、法案審議過程を紹介し、法の訳出を行っている。
平野美惠子. カナダ図書館文書館を設立するための法律. 外国の立法. (222), 2004.11, 136-152.
2004年4月に行われたカナダ国立図書館とカナダ国立文書館の統合について、その経緯と背景から実現にいたった要因を考察した上で、法案審議過程、概要を紹介し、法の訳出を行っている。
平野美惠子. 2003年博物館図書館サービス法. 外国の立法. (221), 2004.8, 87-114.
米国の2003年博物館図書館サービス法について、その制定経緯と概要、児童インターネット保護法(CIPA)との関係を解説した上で、法の訳出を行っている。
平野美惠子. 米国の電子政府法. 外国の立法. (217), 2003.8, 1-74.
米国の電子政府法について、その推進過程と概要を解説した上で、法の訳出を行っている。
田中嘉彦. 英国における情報公開―2000年情報自由法の制定とその意義―. 外国の立法. (216), 2003.5, 1-65.
英国の情報自由法について、英国の政治行政システム、情報公開に関する沿革を解説した上で、法案の制定過程、概要を紹介するとともに、法の訳出を行っている。
戸田典子. インターネット時代の青少年保護法. 外国の立法. (216), 2003.5, 152-160.
2003年に制定されたドイツの青少年保護法、青少年メディア保護州際協定について、インターネットやマルチメディアの規制内容を中心に紹介し、法の要点を訳出している。
渡邉斉志. 書籍価格拘束法の制定. 外国の立法. (215), 2003.2, 132-139.
出版物の再販売価格維持制度(再販制)を定めたドイツの書籍価格拘束法について、制度の経緯、EU規制との関係を解説した上で、法の要点を訳出している。
平野美惠子, 土屋恵司, 中川かおり. 米国愛国者法(反テロ法)(上). 外国の立法. (214), 2002.11, 1-46.
平野美惠子, 土屋恵司, 中川かおり. 米国愛国者法(反テロ法)(下). 外国の立法. (215), 2003.2, 1-86.
2001年9月11日の同時テロ事件を受けて制定された米国の愛国者法について、法の構成、主要論点を解説した上で、法の訳出、逐条解説を行っている。