カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

「図書館で電子書籍を借りるひとはよく買うひとでもある」 OverDrive社とALAによる大規模ユーザ調査の結果が公表

2012年11月15日、米国の電子書籍ベンダOverDrive社が、米国図書館協会(ALA)情報技術政策局(OITP)と共に行った、図書館の提供する電子書籍の利用者を対象とした調査の結果を発表しました。調査は、2012年6月13日から7月31日にかけてウェブ上で行われ、75,000人以上が回答しました。

主な調査結果として、次が紹介されています。

・回答者は、平均で月に3.2冊の(紙、電子)書籍を購入する
・回答者の53%が、図書館のウェブサイトで知った書籍の購入を検討する
・回答者の53%が、図書館を物理的に利用し、電子書籍も借りている
・回答者の44%が、過去6か月で電子書籍の購入が増加した
・回答者の35%が、借りたあとでその(紙、電子)書籍を購入した

また、回答者の属性については以下のとおりでした。

・女性が78%
・40~64歳が55%
・75,000ドル以上の世帯収入が48%
・大卒以上の学歴が74%

この結果を受け、OverDrive社のマーケティング部長David Burleigh氏が、「公共図書館は出版社のマーケティング戦略において非常に重要な要素になってきている」と語っています。

New Findings Reaffirm Library Borrowers Are Also Buyers(OverDrive 2012/11/15付けニュース)
http://overdrive.com/News/New-Findings-Reaffirm-Library-Borrowers-Are-Also-Buyers

Survey Says: Library Borrowers Also Buyers(OverDrive 2012/11/15付けブログ記事)
http://overdriveblogs.com/library/2012/11/15/survey-says-library-borrowers-also-buyers/

参考:
E1317 - 米国公共図書館による電子書籍貸出サービスと利用者
http://current.ndl.go.jp/e1317

E1288 - 米国の電子書籍の利用と読書習慣に関する調査レポート
http://current.ndl.go.jp/e1288